星占い師 つぼぼのホロスコープ星占い ブログ部

名古屋鑑定は7月25日(水)まで。東京鑑定は7月30日(月)より。 秋はホロスコープ講座も開催。札幌講座は、9月29日(土)、30日(日)。東京講座は、11月3日(土・祝)、4日(日)。大阪講座は、11月23日(金・祝)、24日(土)であります。 詳しくは、http://tsubobo.com/contact.html

本サイトは http://tsubobo.com ホロスコープを読もう、学ぼうというサイトです。

西洋占星術

転職を考えている人へ

「私は何をしたら、成功できますか?」

 

なんて質問をされたりすることがある。

 

西洋占星術では、その人の好きなこと、関心の高いこと、性格などは分かったりするので、向いている仕事、いわゆる“適性”“適職”のようなものは分かるんだけど・・・何をしたら成功するかなんていうのは分からないのよ。

 

そうなってくると、“成功”って何?となるんだけど、まぁ、シンプルに考えて、成功というのは、おそらく“ビックマネー”を手に入れることを指しているんでしょうね。でもね、収入というのは、向いている、向いていないとか、才能というものも関係しているでしょうけど、・・・実際、収入はその人の才能ではなく、実は社会的要因の方が大きかったりするのよね。

 

例えば、生まれた時の星並びで、水星☿と金星♀が重なっていると、コミュニケーション(水星)に、華がある(金星)として、私は“おしゃべり星”と呼んでいる。

志村けん(1950220)、明石家さんま(195571)、江頭2:50(196571)、りゅうちぇる(1995929)(敬称略です。すみません。)は、このおしゃべり星を持っている。おしゃべり星を上手に仕事に活かして、収入に結び付けている人たちでしょう。

で、最初のお二人は億万長者だろうし、一般的に見れば、かなりの高所得者である。いわゆる成功者でしょう。

 

でね、よくよく考えてみる。

 

西洋占星術は2500年以上の歴史があるのだけれど、その歴史を振り返ってみて、おしゃべりや賑やかすのが上手という性質を活かして、かなり上位の高額所得者になれたのは、昭和以降の出来事だと思うのよ。

だってさ、人を賑やかにしてお金をもらえるっていうのは、芸人という仕事だろうけど、

江戸時代だったら、どのくらいの収入が得られたかしらね? さらに言えば、鎌倉時代だったら?

少なくとも、今の社会のように、高額所得者になることや社会的地位を持つことは不可能だったでしょう。

これは時代だけに言えることじゃなくて、地域でも言えるわよね。例えば、ブータン、ペルー、ミクロネシアといった国の田舎で生きていたら、どうかしら?とも考えれられるのよね。まぁ、ただのおしゃべり、面白い人として扱われておしまいかしらね。

まったく収入につながないことだって、ありうるわよね。

 

つまりね、収入は、その人の才能がお金を引き寄せるのはなく、社会がその才能を必要として、どれだけ報酬を与えるかという方にかかっているのよ。

 

たとえ才能があっても、その仕事に向いていても、その人の住んでいる社会環境の方が、より大きく影響されるということよ。

 

もっと顕著に見られるのは、音楽業界でしょうね。

大企業の社長より、売れっ子作曲家、作詞家の方が突出して収入を得るということがあるでしょ。こんなの現代の先進国だけで起こる現象よね。その社会においてもトップクラスの所得を得るミュージシャンが現れるなんて、人類の歴史上を見ても、20世紀後半ぐらいからかしらね。

 

何をすれば、成功できるかという質問は、あなたの才能の中で、現在の社会が最も多く報酬を出してくれそうなものを選ぶというのが答えとなるかしらね。そう考えるとさ、・・・無いかもしれないけど。

 

じゃ、仕事に何を求めるのか。何が得られるのか。

 

で、今回は、星占いをしていると、相談の上位にくる“働く”ということについて考えていくことにするわ。

で、転職をしたいなと考えている人、このブログを読んでいる人でも多くいらっしゃることでしょう。

まずはね、“仕事”そのものについて考えてもらいたい。頭の中で整理してもらいたいのよ。

 

少し前に「働き方の哲学」(村山昇 ディスカヴァー・トゥエンティワン)という本を読んだのね。かなり売れた本ですよ。図、グラフ、イラストを多く用いて、いろんな視点からとても分かりやすく“働く”ということについて解説してあってね。この本の中でも私が印象的なものの1つとして、一つの逸話が出ていたのよ。

 

中世のヨーロッパで、男たちがある建築現場でレンガ積みをしていた。

その男たちに“何をしているのか?”と問うと・・・

 

一人目の男性は、「レンガを積んでいるのさ」。

二人目の男性は、「お金を稼いでいるのさ」。

三人目の男性は、「歴史に残る大聖堂を作っているのさ」と答えた、と。

 

これは、仕事や労働に対して、3つの視点があることを示している。

一人目は仕事を、毎日の作業として捉えている。

二人目は、収入を得る手段として捉えている。

三人目は、社会への貢献、夢、理想として捉えている。

 

で、ここで、あなたの普段の仕事している時の姿を思い浮かべて頂き、同じ質問をしたい。

“あなたは何をしているのですか?”

 

で、その答えはどれに当てはまりますか? ①毎日の作業 ②お金を稼ぐこと ③社会への貢献

 

で、この本によれば、

①毎日の作業として捉えて仕事していれば、現状維持になりやすい。

②収入を意識すれば、“もっと稼ごう”という考えが湧くので、効率を良くしようと改善したりする。

③社会への貢献やその仕事に対する夢、将来性を持つことが、充実感、方向性を与え、その働く人の可能性を広げるという。

 

ただ、この「働き方の哲学」では、他にも働くということについて多く項目を使って、多面的に考えていてね。でも私は、この話を取り上げるだけなので、分かりやすくするため、私なりの解釈を付け加えさせてもらっていると思ってね。まぁ、3つの視点だけを都合よく拝借したとも言えるわね。

 

でね、このように仕事を3つのポイントで分けていくと、なんかやっぱり、③社会への貢献や夢、理想を持つべきだな、と思ってしまう。意識が高い系とも言えるかな。

 

でもね、私はできれば、3つとも満足できれば、幸せな仕事だと思うのよね。

この本では、“レンガ積み”が事例になっていたので、何となく、単調な“労働”、我慢して行う苦役というイメージになってしまうんだけど・・・確かにそういう仕事もあるでしょうね。

でもね、①作業そのものが好きな場合もあるのよね。

例えば、魚釣りが飽きないくらい好きな人が漁師さんになったら、単調な釣りという作業をしていても幸せな気分でいられるでしょう。電車が好きで仕方ない人が、電車の運転手になったら、その仕事に苦痛は無いでしょう。生理的にボルトを締めることが好きな人がいたら、ベルトコンベヤーの流れ作業で、ボルトを締めることも楽しくやれることでしょう。むしろ、やってみたら、作業そのものに楽しさを見い出すこともあるしね。

レンガ積みも、子供の頃のブロック遊びのように感じられる人は、楽しいことでしょうね。

これは結構、幸せなパターンだと思うんだけど・・・。

 

それでも、②お金を稼ぐこと、つまり収入が少なかったら、やっぱり転職を考えてしまう。

それどころか、世の中には、②収入のためだけに仕事を選んでいる人も多いんじゃないかしらね。

さらに、③社会的意義、夢、理想、将来性が無ければ、「このまま続けていていいのかしら?」という疑念も湧いてくる。

 

例えば、大企業で経理の仕事をしていて、毎日、他人が切ってきた領収書をひたすら朝から晩まで計算ソフトで処理している人は、どんな感じなのかしらね。これこそ、現代の“レンガ積み”かしら。

 

仕事の ①作業そのものが好きなことだったら、それはそれで幸せなわけですよ。

②お金を稼ぐことが満たされていて、高収入だったら、やっぱりそれはそれで幸せ。

でも、逆に③社会的意義、理想だけがあっても、満たされるかどうかは難しいわね。私の知り合いは、ホームレスの支援のNPOでボランティアとして働いているけど、なかなかね・・・むしろ、①、②が満たされている人より続けるのが難しいのではないかな。ここで“理想”という言葉も付け加えたのは、例えば、“将来、アイドルになる”という夢を持つような場合も入れたいからね。アイドルになりたいという気持ちだけで、毎日の下積みにどこまで耐えられるかしらね。下積みそのものが楽しいこともあるだろうけど・・・③が一番重要だとは、私は思えないわね。

 

つまりさ、①~③のどれかが満たされていないと、そこが仕事に対する不満になりやすいわけですよ。

 

今、転職を考えている人は、もう一度、①作業 ②収入 ③社会的意義・理想 の何が欠けているのか、見つめてみるといいわよ。

 

日本の社会の場合、さらに長時間労働による ④疲労度 といったものも入ってくるのよね。勤労時間が長く、帰りが遅くて、自分の時間どころか、睡眠時間すら無い。こうなると、①~③も大切だが、自分の心身も大切だからね。

日本人は、勤勉が美徳なのはいいが、今は、この美徳が害にもなりつつある。ついでに言うなら、職場の人間関係などの環境もこの④疲労度に入れたいわね。人間性に欠けた人が上司になっていると、どうしようもなく消耗するからね。

①~③と違い、これはマイナス要因だけどね。
 

で、仕事運をホロスコープ星占いで適性を鑑定する場合、1つの事例として、10ハウス金星♀というのがある。

10ハウスはキャリアや肩書、ステイタスなどを意味し、金星は趣味、快楽、レジャー、恋愛を意味するのよ。だから、10ハウスに金星がある人は、他人から見て、趣味のような仕事だったり、本人そのものが、仕事をしている感覚が無い仕事だったりするのよ。私が鑑定してきた中で見られた業種は、花屋、パン屋、獣医、イルカのトレーナー、アクセサリー作家、ピアノ調律師、消防士などね。

こんな話をすると、“10ハウス金星って、うらやましい”という声が聞かれるが、実は、上で言うところの②~④に関しては全く満足度が低いレベルだったりするのよ。

10ハウスの金星の人って・・・

例えば、お花屋さんて、女性なら、一度はやってみたいと思ったことのある仕事でしょう。

でも、実際にお花屋さんをやろうと現場を覗いてみたら、朝は早いし、重労働だし、スタッフの給料は安いし・・・普通の人なら、引っ込んでしまうような仕事環境なんだけど、10ハウス金星の人は、好きなことを仕事にすることを優先してしまうというだけのことなのよ。

だから②~④が犠牲になっている可能性があるわ。

 

こんなふうに仕事を①作業 ②収入 ③社会的意義・理想 ④疲労度 なんて分けて、話をさせてもらったけど・・・自分のことを考えると、複雑で、頭の中がぐるぐると回って、よく分かんない状態になっちゃうかしら?

 

でも、そんなもんよ。そんなに簡単に整理ができるわけない。

仕事とか、働くというのは、大切な話だからね、ついつい考え込んでしまう。

自分の実際の立ち位置を考えながら、仕事や働くということを理解するのは、そんなに簡単にできないわよ。

この類の現実的な話に大切なのは、understand(分かる)ではなく、realize(実感する)ことだと思うのよ。

だから、時間がかかるのよ。

 転職の図

転職を考えている人は、4項目を一度、ビジュアル化できるように、ノートなどに書き出してみるといいわ。

私はこれを“一人ブレスト(ブレーンストーミング)”と呼んでいるけどね。

そうすると、自分の仕事への満足と不満のバランスが見えてくるわ。


こんな風に書いてみるといいわって、感じで書き出してみたんだけど、皆さんはもっと具体的に書いた方がいいわね。
 

そんなわけで、①~④のバランスが崩れていると、転職したい気持ちが湧いてくる。

で、私は転職したいという相談者が来ると、話をよく聞き、①~④のどれに不満があるのかを見極めるようにしているのよね。

本人はただただ今の仕事の環境を変えたいと思っているようにだけど、よくよく分析していかないと、話がまとまらないのよ。本人が私のアドバイスに対しても、しっくりこないのよ。漠然としたままでは、“適当な問答”になってしまう。

 

で、①作業 ②収入 ③社会的意義・理想 ④疲労度 の何に対して不満なのかをまとめたところで・・・転職についての考え方もいろいろあるでしょうけど、せっかく私は星占い師なので、3つの視点で、アドバイスをしている。私は転職紹介会社のコーディネーターではないからね。そもそも相談者も星占いを求めてきているわけだし。

 

  1. 性格や適性

  2. 今後の運気

  3. 会社との相性

     

相談者の仕事に対する適性が低くても、これから、かなりの追い風が吹けば、“まぁ、やってみれば” と言う。本人もやりたいだろうし、チャンスが起こりやすい。それに失敗しても、別の方面に道が開けやすいからね。

一方、①の適性が高くても、この先の運気が逆風ならば、“3年待った方がいいよ” とかと言ったりする。星占いで読める運気は、天気予報のようなものだ。今、土砂降りの雨が降っているのが分かっているのに・・・わざわざそんな時に行くことはないでしょ。

あと、ついでに言うなら、会社との相性だわね。上司・同僚との相性も大切だけどね。人間関係など、環境的に居心地がいいのか、金運が上がるのかなどが分かったりする。

 

今、“このまま、この仕事を続けていいのか”といった悩みを持っている人は、焦らずゆっくりと、まずは自分の仕事をよく見つめて、分析してみてくださいな。

その先にしか、成功はないでしょ。

 

 

国の経済、運気を読む

西洋占星術で国の経済や運気の上り下がりが読めるのか。

だってね、2500年以上の歴史がある西洋占星術ですよ。古代ローマ時代から考えて、国の形というか、制定みたいものがいろんなスタイルがあるわけですよ。何をもって、国とするか・・・ちょっとそんなもん、本当に読めるの?みたいな。
で、現在の日本の運気を読む場合には、戦後の日本国憲法の公布された 1946年11月3日 を日本の設立日とするという説があってね。文化の日の基になった日ですけど、これもまた不思議な感じなんですよ。なんで? みたいな。じゃ、試してみようかな。
実際にダブルチャートで、今の時期の 2018年3月1日 を作ってみると。
日本  20180301内側の円が日本の設立日(1946・11・3)ですね。ここでは内側だけ注目してもらって、そこから性質を診てみると・・・
太陽☉と木星♃が重なっていて、大らかで商売上手。
土星♄と冥王星♇が重なっていて、ハードワーカー。
でも、その太陽☉と木星♃、土星♄と冥王星♇が凶角90度で、お金に関しては、どんぶり勘定で、大判振る舞いをしがちかね。
水星☿、金星♀、火星♂が重なっているから、文化レベルは高そうだね。
まぁ、なんとなく性質は当たっているかな。



でも、まだ疑い深い私は、これで日本の経済や運気が占えるとは信じない。
こういう時は、過去の事例を当てはめて確認してみるということですね。

これが日本の運気を占うチャートならば、東日本大震災は悪く出ているはずである。で、日本人なら、忘れもしない日付 2011年3月11日を外側の円に入れてダブルチャートを作成してみる。


日本  20110311時期の運気は、内側の円と外側の円でできるアスペクト(角度)で読んでいく。簡単に言えば、60、120、0度は吉角。90、180度は凶角。吉角ができれば、良いし、凶角ができれば、良くないと。

で、この時は、日本の海王星♆に対して、外の木星♃、冥王星♇、土星♄でTスクエアができていたのですね。Tスクエアというのは、180度と90度のダブル凶角でできた複合アスペクトであります。木星♃が財運を意味するのでね、これは大きな損失がでやすい訳ですよ。

木星♃と土星♄の凶角を私は“お金貯まらない星”と呼んでいて、人間の場合でも出費が出やすい時期であります。木星♃と冥王星♇の凶角を私は“大判振る舞い星”と呼んでいて、無駄にお金や労力を使いがちになりやすい時期であります。
ほかにも、日本の水星☿、金星♀、火星♂に対して、外の海王星が90度凶角を形成している。海王星はメンタルに来るからね。4つの星って・・・星の数が多いね。

このブログを今回初めて入ってきた人は、この程度の説明をいきなりされても ちんぷんかんぷん になるでしょうから、興味を持った人は、
http://tsubobo.com/Aspect.html
を参照して下さいね。

でもさ、占い師って、偶然でありながら、都合のいい、説明しやすい事例を出して、“ほら、当たってるでしょ。私を信じなさい”とか、“誰もが震撼する驚愕の的中率!!!!”なんて言ったりするけど、1つぐらいじゃね、私は信じられない。

では、やたらと最近、バブル期を思い起こしたり、再来を期待したりする声が高まっているけど、日本のバブル期ってどうだったのよ。

日本  19861201ということで、外側に 1986年12月1日を入れて、チャートを作ってみる。

日本の景気拡大期は1986年12月から始まっているから、この日付にしてみたの。バブル景気って、プラザ合意というアメリカの都合で日本の円高がスタートしたことがきっかけなんだけどね。

見ると分かるのだけれど、日本の太陽☉、木星♃に、外の冥王星♇が重なっているのよね。
冥王星♇は1周240年以上のゆっくりとした星でね。前後数年間は重なっていた訳ですよ。
木星♃と冥王星♇の吉角を“ミリオネア星”というのだけれど、とっても財運はいいんですよ。
しかも、0度吉角。これ、2つの星のアスペクトでは最も強い吉角ですよ。さらに太陽☉がその力を増幅させている。
この時期に関しては、ちょうど外の木星♃も120度吉角にあると。これはリッチな星回りだわな。
でも、この外の冥王星♇の位置は、日本の土星♄、冥王星♇とは90度凶角の位置だから、金満だったけど、日本人は忙しかったんだろうね。私は土星♄、冥王星♇の凶角を“へろへろ星”って呼んでいるのよね。
冥王星♇は上にも書いたけど、1周240年以上だからね、この星並びの再来は・・・ずいぶん先だわね。まぁ、他にも財運のいい星並びはあるけど。

で、次に考えるのは、じゃ、バブル崩壊はどうだったの?

日本 19910301バブル景気の拡大は、1991年2月まで続いたので、1991年3月1月の星並びを外側に入れてみた。
日本の太陽☉、木星♃、土星♄、冥王星♇と外側の土星♄、木星♃がTスクエアを作っているのね。
木星♃(財運)と土星♄(堅実)の凶角は、上にも書いたけど、“お金貯まらない星”。凶角は、タロットカードの逆位置のように、逆の意味になるものもあって、土星♄の場合は、“堅実でなくなる”ということになる。時期の占いで、木星♃、土星♄の凶角位置ができると、出費が多くなる。この頃は、日本国内でいろんな損失があったんだろうね。



ダブルチャートに慣れてきて、星の動きが予測できるようになると、その後の日本の経済が読める。

日本  199803011998年3月1日を外側に入れてホロスコープを作ってみた。
特に何があった訳ではない。ホロスコープ上で言えば、日本の太陽☉、木星♃、土星♄、冥王星♇のTスクエア位置に天王星がやってきていて、その後、海王星♆がバトンタッチするように続いてやってくる。
天王星♅は1周84年。海王星♆は1周160年以上の星である。天王星♅で影響は2、3年。海王星♆で6年ほどである。合わせて影響は、8、9年といったところかな。
こうして見ると、1997年ごろから、2005年くらいまでは日本の経済はイマイチだったんだろうね。
バブル崩壊から合わせて、これがいわゆる日本の“失われた10年”とか、“失われた20年”とも言われるものになるのかな。

で、いつ、ぱっと回復したかというと、星並び的には、こんなんじゃないかな。
日本  201308012013年8月1日の星並びを外側に入れてみると、

日本の太陽☉、木星♃と、外側の海王星♆、木星♃、土星♄で、グランドトライン(正三角形)を形成している。グランドトラインというのは、120度吉角が3つで形成される強い吉角だ。
で、財運の木星♃が2つも入って、外側はゆっくりした星でできている。これは景気良くなるわな。
思い起こせば、2012年の終わりに第2次安倍政権ができて、2013年の株価はずいぶん上がったんだよね。
このくらいの星並びができないと・・・景気って、“気”の問題からね。バブル景気を味わった人たちには、それまでのじわじわした景気では、“回復”という感じにならなかったんじゃないかな。このくらいのインパクトがあって、はじめて“失われた20年”から脱却した気分になれたんだろうね。

ただね、気になるのは、この時、同時に日本の海王星♆、外側の木星♃、天王星♅、冥王星♇で、グランドクロス(十字架)ができている。180度凶角が、90度凶角で交わるという凶角の詰め合わせだ。天王星♅は“変化”、冥王星♇は破壊と再生を意味する。この2つのアスペクトを変革の星並びというのだけれど、経済の形がぐっと変革されたかもしれない。

吉角と凶角が同時に出来る場合、吉角の作用が最初に表に出てきて、後で振り返ってみると、伏線のように凶角の作用が出ていたことに気付いたりする。その時は埋もれていたりするのよ。
まだ私にはよく分かっていないけど、日本経済を浮かれさせたけど、悪い面も残しているかもね。


でもさ、ここまで過去のホロスコープチャートをいっぱい並べられてもね、都合のいいデータを並べて・・・悪徳金融商品とかって、こんな感じでだまされるんじゃないのって、思っちゃう。
まぁ、遊びだと割り切ってしまいましょう。所詮は“占い”ですから。

ついでにね、当たっているなら、アメリカの場合はどうよ、ってなる。
この方法が当たっているなら、アメリカ同時多発テロの911は出ているでしょう。

ということで、内側にアメリカの建国の1776年7月4日、外側に2001年9月11日を入れてダブルチャートを作成してみましょう。
アメリカ  20010911内側がアメリカの性質を表すことになるのだけれど、結構、星が偏っているね。金星♀と木星♃が重なっている。“人気星”だね。火星と海王星が凶角90度の軽い“イライラ星”だね。
2001年9月11日の運気を診ると、
アメリカの火星♂、天王星♅が、外側の土星♄、冥王星♇と180度凶角一直線上に並んでいる。
火星♂と冥王星♇は、暴力を意味し、天王星♅と冥王星♇は、不可抗力の変化を意味する。そこにこの年は、土星♄が重なってきた訳ですね。



なるほど、星にも出ているような気がする。



あ、そうだ、だとしたら、リーマンショックはどうなんだろう? と思ったりする。
で、2008年9月15日でダブルチャートを作ってみる。
アメリカ  リーマンショック 20080915
アメリカの太陽☉、土星♄と外の木星♃でTスクエア。“お金貯まらない星”の出費の出るTスクエアですね。あと、アメリカの火星♂、海王星♆と外の天王星♅でTスクエアだね。ダブルでTスクエアだもんね。ちょうどTスクエアができるポイント2つにゆっくりな星が来てしまっている。
今回話に出しているのが、歴史的な経済話の、期間が長いものばかりなので、足の速い(外の)水星☿、金星♀、火星♂は出していないのだけれど、この日に限っては、外の水星☿、金星♀、火星♂もTスクエア上にあるね。
アメリカ  ブラックマンデー 19871019


では、株価が暴落した例ならば、1987年のブラックマンデーはどうだったんだろう。
これはまた180度凶角が多いね。
アメリカの木星♃と外の海王星♆が180度凶角。木星♃と海王星♆の凶角を私は“どん底星”と呼んでいる。
アメリカの火星♂と外の土星♄が180度凶角。火星♂と土星♄の凶角を私は“我慢星”と呼んでいる。
アメリカの土星♄と外の木星♃が180度凶角。木星♃と土星♄の凶角は、“お金貯まらない星”。
Tスクエアはないけど、しんどい180度凶角がオンパレードしているね。


となると、さらに過去へさかのぼり、世界大恐慌のきっかけとなった1929年10月24日のニューヨーク市場の大暴落はどうだったんだろう。

アメリカ  恐慌 19291024こっちはTスクエアですね。
アメリカの火星♂、海王星♆と外の木星♃、土星♄がTスクエアという強い凶角を形成している。
海王星♆と土星♄の凶角を私は“いじめられ星”と呼んでいる。プレッシャー、重圧、苦痛を受けやすい時ですね。
つまり、“我慢星”“お金貯まらない星”“いじめられ星”でTスクエアができているということで、これはしんどいですわね。







過去を見てきた訳ですが、こうなると未来のことが知りたくなってくる。
日本、この先で経済を落ち込みそうな時っていつだろうね、ってね。

で、星の動きを推測してみると、だいたいこの辺りかな。
2021年ごろ。
で、適当に2021年3月1日を入れてダブルチャート作ってみた。内側は日本です。


日本  20210301この3月の段階で、日本の太陽☉、木星♃、土星♄、冥王星♇と外の天王星♅、土星♄でグランドクロス(十字架)を形成していますね。木星♃と2つの土星♄のTスクエアも含まれているグランドクロスと。
1、2月では、これに外の木星♃も入っているいった感じでしょうか。外の天王星
♅の位置を考えれば、1つのTスクエアはもう少し早くから影響は出てきているかも。
ここで、景気は悪くなるのかなぁ。オリンピック過ぎということね。
でも、オリンピック過ぎたら、土木建築業を中心に仕事が激減して、経済が落ち込むだろうなんてことは、よく言われているから、これも当たるのかな。逆に言えば、“星占いしなくても、分かっているよ”って言われそうな気がするけど・・・。
景気は良くなったり、悪くなったりを繰り返すからね。


なんだか、ここまでチャートを揃えられると、それらしく聞こえるけどね。どうでしょうね。
そもそも日本の設立日を 1946年11月3日 にするという根拠も曖昧だしね。

まぁ、遊び半分で、“おお、すげーっ、本当に星に出てる”っていう程度で見て下さい。
信じるか、信じないかはあなた次第。

いろんな国や会社で試して、遊んでみて下さいな。

ハウスの表も始めました。

よくお薦めの西洋占星術を学ぶ本は何ですか?と訊かれたりする。
特に講座の時は、初心者用の入門編の本を尋ねられてきた。で、また名古屋でのホロスコープ講座を2018年に再開するし、東京、大阪での講座も相変わらず受講者は多いし・・・そういった質問にも答えられるように、調べておこうと星占い仲間や鑑定したお客さんから聞いて、いろいろ候補を挙げてみたのだが・・・。
これがね、西洋占星術の入門書って、ほとんど絶版になっているのよね。“これはいいですよ”って薦められて、アマゾンや楽天で取り寄せようと思っても、“入荷の予定なし”とかね。名著と評判のものに限って、手に入らない。西洋占星術は人気が無くなってきているのかしら?

私は星占いの本は何冊も購入してきたし、これは使えないと思って捨てた本もかなりある。何とも、箱カバーのような重い本に限って使えなかったりする。入門者の方にはイラストの多いものがいいなと思うのだが、・・・そういえば、イラストの多い入門書があったよな、と思ってネットで調べると、やっぱり絶版だったりする。

私は世代的なものだろうが、ルル・ラブアさんに大きく影響を受けている。で、ルル・ラブアさんの本を薦めたくとも、ほとんど手に入らないか、プレミアが付いてかなり高価な中古本しかないから、やっぱり薦められない。

こうなったら、自分で作るしか無いなと思って、ハウスのサイトを作った訳ですよ。

http://tsubobo.com/House.html

ホロスコープ占星術に必要なのは、星同士のアスペクト表、星がどのハウスに入っているかという星×ハウスの表、星がどのサイン(星座)に入っているかという星×サインの表だと思うのですよ。

火星がどうのこうの、おうし座がどうのこうの、8ハウスがどうのこうの、という星、ハウス、星座それぞれ単体の説明は分厚くなくてよい。特に抽象的な説明は実際の占いでは使うことがほとんど無い。そんな宙に浮いたところに頭をぐるぐると巡らせていると、時間も労力も無駄だなぁと思うのですよ。
現場では必ず、星×星、星×ハウス、星×サインという、かけ算の形でしか利用されないのですよ。だから実践的にこのかけ算を早く使えるようにした方がよいと私なんかは考えていてですね。

で、今、ネットや本で出ているもののうち、読んでみると、星×サインはほとんど誰が書いても内容は変わらない。星×サインは、その人の性格を表すもので・・・性格って、怒りっぽいとか、ロマンチストとか、そもそもアバウトなものだから、誰が書いてもあまり変わらないのだろうね。

で、星×ハウスを読んでみると、結構、星占い師によって書いてあることが違っていたりする。だから、今回、私の書き方で星×ハウスの表を作ってみたいなと。

 
このブログをお読みの皆さんも、生まれた時間まで分かっている人は、一度ハウスを作って、星読みをしてみて下さいな。

キロンと火星

星占いの本やネットに載っている説の中には、当たっているものもあれば、そうでないものも多くある。書いている人は、星のイメージから、連想しているんでしょうけど、実際にはほとんどそんな現象は起こっていない、もしくは今の時代ではほとんど起こらない現象だったりする。

で、星占いを勉強するに当たっては、何が必要かというと、実際に書かれていることが当たっているかどうかを確かめる必要があるということ。自分なりにね。
たいていは、その説をまず自分に当てはめてみる。そもそも自分に当てはまっていないものは、信用できないし、それを他人の鑑定に使用することはまずできないですわな。

まず自分に当てはめてみて、それで当たっていたら、今度は家族や友人などに当てはまっているか、実際にフィールドワークして、“どのくらいの確立でその説、理論が使い物になるか”を見極めていくと。よく当たるものもあれば、ほとんど当てはまらない、全く当たらないものもある。

となると、そりゃ、まずはよく当たるものを知りたくなる。
で、私が実際に鑑定していてね、結構、よく当たると思われるものの1つが、火星とキロン(Chiron)の0度アスペクトなんですよ。重なっているということ。このキロンは小惑星で、といっても、彗星という面も持っている星で、発見されたのが1977年。だから、昭和の古い星占いの本にはまだ登場しなかったりする。そもそも歴史が浅いから、星占い上のデータが少ないのですよ。ホロスコープ上のマークとしては、kとoと縦に重ねたようなもの。言い方は変だけど、○の上にアンテナが乗っているような形。
最初の頃は“傷ついた”星とも言われ、今は“補完する”星とも言われている。補完するとは、補うという意味。たぶん、最初に欧米の西洋占星術師がその意味を語ったのだけれど、それがちゃんと翻訳されず、何となく“傷ついた”という言葉になって、日本に入ってきたのではないかな。そのうちにちょっと違うなぁという感じで、“補完”“補いたがる”のような日本語訳に置き換えられていったのではないかと予想がつくんですけどね。
しかし、本やネットの解釈を読んでいると、その“傷ついた”というイメージがどんどん一人歩きしているようにも見える。実際、私も最初の頃は、鑑定の時、“傷ついた”のイメージに引っ張られて、相手の言っていることとちぐはぐになり、上手く鑑定に使えなかったですね。
傷ついた=コンプレックス のように書かれていることが多いけれど、鑑定してみると、どちらかと言えば、“補いたがる”というニュアンスの方がピタッとくるような気がするのですよ。だから、最近は“補完”という言葉になってきたのかなという気もする。

で、生まれた時のホロスコープで、火星♂にキロンが重なっていると、どんな現象として現れるかと言うと、ジムに通っている人の確立がかなり高い。ジムというのは、身体を鍛えるジムのことですよ。私の鑑定の経験では、80%ぐらいかな。あくまで私見だけど、星占いの説の中ではかなり高い方だと思う。
“火星×キロン=ジムに通っている” で覚えてみましょう。 
鑑定してみて、もし、その人の火星にキロンが重なっていれば、
「ジムに通っていませんか? もしくは、サプリメントをよく飲まれているとか。」
というふうに尋ねてみる。
ジムに通っている、通っていた可能性が80%で、サプリメントを飲んでいる可能性もかなり高く、両方合わせると90%ぐらいになるんじゃないかな。
先日鑑定した女性は、その夫のホロスコープの火星にキロンが重なっていた。だから、私の経験則通りに“旦那さんはジムに通っていませんか?”と訊いたら、やっぱり通っていた。で、娘さんのホロスコープを見たら、また火星にキロンが重なっていた。さすがに2度は早々当たらないだろうと思っていたが、その娘さんは腹筋オタクだった。あのテレビのCMでやっていた腹筋の鍛える器具を使っているそうで。

ジムに通っている人を想像してもらえれば分かるのだが、実際、私なんかよりも鍛えられたいい身体をしている。少し前の星占いのキロンの説明では、キロンは傷ついているので、火星(肉体、健康も意味する)にキロンが重なると、持病持ち、身体が不自由な人と説明されていたりしたが、実際には、ほとんどそんな人に会わない。むしろ、マッチョだったりする。
ちなみに、ジムとは限らない。地方の人の場合、ジムの環境が無かったりするので、“職場まで5kmを自転車で通っています。”という女性もいた。その人の場合は、車も持っているが、雨の日にしか、車で通勤することはないと言っていた。
健康に気にしているのは、これは肉体にコンプレックスを持っているからだとも想像できるが・・・、鑑定して、相手の話を聞いてみると、“コンプレックス”というマイナスな印象を持つ言葉をわざわざ使う必要はないように思えてくる。むしろ体を鍛えることをただ欲しているようなのだ。十分に健康だ。だけど、もっと鍛えたい、補いたいという欲求を持ってしまうのが、火星×キロンなのだろう。

キロンはどうも、“十分に持っていたとしても、尚も欲しくなる性質”と言えるんじゃないかな。
星と重なると、その星の性質に対して、もっと欲しくなる、飢えるというものになると。

例えば

水星☿×キロン は、かなりの読書家だったり、バックパッカー経験を持っていたりする。好奇心が強く、情報や知性がもっと欲しいとなるのだろう。

金星♀×キロン は、服やアクセサリーを多く持っていたり、部屋中に靴箱が溢れていたりする。美や快楽を求める欲求が強いのだ。実際、アクセサリー作家になっていたりする人も多い。

木星♃×キロン は、たとえ裕福であっても、お金への欲求が強かったりする。もっと欲しくなるという意味。木星♃×キロンの有名人としては、トランプ大統領ですね。

土星♄×キロン は、自分から責任、役割を背負い込む人です。“それは私に任せて下さい。それも、私がやります。”といった具合です。

太陽☉×キロン は、何に対しても、不足感を感じる人となりますね。だから、一見すると努力家だったりすることがあります。

月×キロン は、淋しがり屋ですね。心に飢えているという意味で。スピリチャル系の言い方をすれば、“ソウルメイトを求める人”となるでしょう。

まぁ、上の6つも結構当たるものですね。火星×キロンほどではないけれど、“その通りです”と言われることが確立が高いから、こちらも安心して言いやすいものです。

他にも、天王星×キロン(個性を求める人)、海王星×キロン(夢や感性を求める人)、冥王星×キロン(権力、破壊を求める人)というものありますが、ここまで来ると、そこそこしか当たらなくなりますね。
そもそも、天王星×キロンの人に、“あなたは個性を求めていたり、個性に飢えている人ですよね?”という質問を投げかけても、相手にとっては“???”だったりする。そんな気もするけど、どうなんでしょ、みたいな。リアクションが良くないのですよ。

上に書いたものは、キロンと0度で重なっている場合を書いたけど、説明してある本やネットによっては、180度でも同じような効果があると書いてあったりするが、実際には、当てはまる確率は半分以下になっていると思う。

MCにキロンが重なると、働きたがらないという説もある。これは働きたがらない人の都合の良いいい訳になっているかもしれせんが、当たっていないでしょうね。だって、私はMCキロンの人でも、創業社長としてバリバリ活躍している人を何人も見てきていますから。とある大手有料占いサイト制作会社の社長さんもMCキロンでしたよ。

星占いの説の中には、よく当たるものと、ほどほど当たるものと、まったく当てにできないものがあるということですけどね。で、星占いを披露する場合、やっぱり最初から当てていきたい訳ですよ。漫才、落語と同じで、頭の“つかみ”が大事なんですよ。始めから、外してばかりいると、お客さんにしろ、友人にしろ、“この星占い師、当たるのかしら?”なんて思われてしまい、話すことを信じてもらえなくなる。
だから、私なんぞは、経験的に当たりやすいものの順に話していくのですよね。

例えば、ハウスで言うなら、

木星が8室にあったら、遺産をもらいやすい人。
木星が12室にあったら、サイドビジネス、副業などで稼ぎやすい人。
土星が8室にあったら、会社、お墓や苗字を受け継いだり、親の老後の世話をする可能性の高い人。
金星が10室にあったら、人から趣味のような仕事だね、って言われるような職に就いている人。
太陽が12室にあったら、秘密主義者。もう一つの顔を持っていたりする人。
土星か海王星が11室にあったら、引っ込み思案、人見知りする人。

他にもあるけれど、この辺りが当たりやすいものですね。
で、これらで、ハウスはよく当たるじゃんと思って、他のハウスのも診ると、ほとんど当たらなかったりするものが結構ある。当たっているかどうかは、相手のリアクションを見ていれば、まぁ、分かりますよ。

さらに、中には当たっているか、当たっていないのか分からないものもある。星占いの説明の中には、

土星が5室にあったら、子育てで苦労する人。

というのもある。
だってさ、子育てで苦労しなかった人って、いないんじゃない? みんな苦労するでしょう。どの程度かということになるだろうけど・・・かなり苦労する人と言われても・・・その境目は?みたいな。
逆に言えば、これを言えば、当たるということでしょう。子育てしている人みんなに当てはまるんですから。

西洋占星術を学ぼうと、本などを買うと、その内容が均一にすべて正しいことが書いてあるように思えてくる。それは、他の一般書籍の内容がおおよそ全体的に正しいことが書かれているからであって・・・。資格取得のための学習書とか、パソコンの扱い方の本とか、新しい車のカタログ誌、旅行ガイドブックとかね。
本に書かれていることは正しいという、その先入観で、西洋占星術の学習の本を読むと、間違えるわけです。よく当たるものも、そこそこ当たるものも、ほとんど当たらないものも並列で書かれていて、同じように正しいと思って、覚えてしまう。しかし、実際に鑑定してみると、当たるレベルが玉石混合であることに気づくわけですよ。
本当は、説ごとにどの程度当たっているのか、☆の数で示してあったりするといいんだけどね。
でもそうじゃないから、西洋占星術の星占い師には実際に鑑定する経験値が重要となってくる。つまり、自分で見極めるしかないということですよ。

星占い師の仕事は、鑑定を依頼してきた人の悩みを聞いて、その人の問題解決の手助けをすること。
言ってみれば、カウンセリングのようなものだけど、そもそも占いそのものが当たっていないと信頼されず、悩みを打ち明けてはもらえない。現実には、悩みを誰かに聞いてもらうだけですっきりするお客さんも中にはいるが、それは、心理学の知識をもったカウンセラーに任せるとして・・・星占い師は、本人の性質、過去、未来を見通せないと、悩みの解決の手助けができない。
となると、星占い師は、よく当たる説を揃えておく必要があるわけで・・・だから、私は、自分がよく当たると思われるものしか、実際の鑑定では使用しない。

例えば、新型の機関銃が開発されたとして、テストもされていない機関銃を持って、IS掃討作戦に行けと言われても、困るのだ。砂漠の熱と砂で暴発するかもしれない機関銃で、実戦で戦うことは怖くてできない。
同様に、鑑定される方も、当たるのか当たらないのか分からない占いで、転職の時期や結婚相手との相性という人生の大事な場面のアドバイスをされてもね、困るわけですよ。当たるかどうか分からない占いなんかで占われてもね。
占う方がね、実戦に使えるかどうか、ある程度、自分で確認してからでなきゃ、使っちゃ、ダメということですよ。西洋占星術の本やネットをまるっと信じちゃ、ダメですよ。あくまで参考程度にすると。

でも、まぁ、とりあえず、自分の星占いが当たることを“まずは”相手に認めてもらわなきゃならない。最初に確実なパンチを打っていきたいわけですよ。
相手のホロスコープを見て、もし火星とキロンが重なっていたら(この確率は36人に1人)、
「ジム通いか、サプリメント飲みをしていませんか?」
と尋ねてみて下さい。

よく当たるので、“え、そんなことまで分かるんですか”といいスタートを切ることが、たぶんできるんじゃないかな。

星占い新作動画をアップしました。「会社の運気の読み方」

お待たせしました。ついに新作動画をアップしました。
今回は「会社の運気の読み方」です。
会社の業績予測や、自分との相性の診方を紹介しています。今、注目の東芝をはじめ、大手3社を事例に紹介させてもらいました。
前から転職相談はよく受けて、この手法を使ってきましたが、最近は経営者からの会社についての相談も増えてきて・・・思うに、星占いをマスターしたい人は見に付けておいた方がよい鑑定法でしょう。
今までサンプルが少なく、疑わしかったので、広く伝えるのは止めておいたのですが、いろいろ診てきて、何となく、当たっているような気がしてきましたので、VTRを作成しました。


    

https://youtu.be/XKov7sdEH6U
星占いをどの程度、参考にするかは自己責任でお願い致しますね。
特に、投資、株式運用に利用しようという方には、責任を負いかねます。そりゃ、無理ですよ。自己責任で。

なお、基本編をご覧になっていない方は、こちらをまず見て下さい。




アスペクト表は私の本サイト
http://tsubobo.com/index.html

にあります。






プロフィール

つぼぼ