星占い師 つぼぼのホロスコープ星占い ブログ部

大阪講座は、11月23日(土・祝)、24日(日)です。来年の東京講座は、3月28日(土)、29日(日)。来年1月から名古屋講座も開催します。鑑定も致します。くわしくは、http://tsubobo.com/contact.html

本サイトは http://tsubobo.com ホロスコープを読もう、学ぼうというサイトです。

2019年 日本の経済を予測してみる

年末あたりに本屋さんに行くとさ、経済系の雑誌の棚には、ずらりと“2019年を大胆予測”なんて見出しがいっぱいあるわけですよ。
経済界の大物やエコノミストが今年の株価の予想とかしているんだけど・・・で、もって、上がるだの、下がるだの、その日経平均の株価の予想も十人十色。
どれを信用していいのか、よく分からん。

そんな本を見て、隣りにいたおじさんは、
“何だよ、みんなプロのくせに、言ってることがバラバラなんだよ。”

まぁ、野球選手の活躍の予測でないから、そう簡単に意見が一致する訳が無い。そもそも毎年のことだけど、そんなに上手くは当たらない。

でさ、どうせ、当たれば、当たったで自慢し、外れたら、外れたで、そのまますーっと言ったことを無かったことのように陰を潜める1年の経済予測だから、アバウトに星占い師が星読みを根拠に言ってもいいかなぁ、とね。
ただし、私は責任持てないから、ほんとにビジネスや株、投資をやっている人は参考にしないでね。

星占いで使うホロスコープのダブルチャートを用いて、国の経済や運気を読んでいくのだけれど、日本の場合は、戦後の日本国憲法が公布された1946年11月3日を設立日とするという説を使っていきます。その国の建国した年月日を使うわけですよ。2重円の外円は2019年の星並びとなります。
(外円は、分かりやすくするために、ここでは読まない星は省略させてもらいます。)
外円は、進行している現在の星の位置なんだけど、基本、逆時計回りすると考えてください。
で、簡単に説明すると、内円の星と外円の星が、0度(重なる)、60度、120度の位置関係にあったら、吉角。追い風のプラス効果があると。
90度(直角)、180度(真裏)にあったら、凶角と読んで下さい。向かい風のマイナス効果があるということね。
詳しく知りたい方は下の私のサイトをご覧下さい。

日本チャート①日本の運気ですが、外円は、今年の1月20日の星並びです。1月はですね、日本の土星♄(左の図では“ち”のようなマーク)と冥王星♇に対して、木星♃が120度吉角位置にあるのですね。木星♃×土星♄の吉角は財運が堅実になる星並びで、木星♃×冥王星♇の吉角はミリオネア星と言って、財運が安定する星並びなのですね。まぁ、なんやかんやそこそこ安定感があるのではないかと。でも、良い星並びだった2018年に比べると、勢いが無いから、あくまで“そこそこ”という感じになるのでしょうね。

ただ1月20日ごろは、日本の冥王星♇と現行の金星♀、木星♃、火星♂と合わせると、内角120度が3つできて・・・正三角形ができるのよ。これをグランドトラインという。めでたい吉角なのよ。一時的に経済に勢いが出てくるかもね。それとも、文化面など、別の分野で勢いが出るのかしら。金星♀、火星♂、冥王星♇の複合アスペクトは、前回ブログで書いた変態エロ星だけど、土星が効いているから、変態にはならないわよ。


日本チャート②季節は移り、3月となると、現行の木星♃は移動して行きます。
そうするとですね、日本の天王星♅の180度凶角位置に、現行の木星♃やってきます。
木星♃と天王星♅の凶角は、財運が一転するとか、“ぬか喜び”“期待はずれ”を意味します。
春頃には、経済に翳り(かげり)が出てきて、不安定感が見えてくるのかもしれません。もしくは、何か、予想外れのことが起こるのかもしれませんね。そうは言っても、木星♃×天王星♅の180度凶角ができてくらいでは、それほど危機的な状況にはならないでしょう。ただ、不気味なのは、木星♃がこの木星♃×天王星♅の180度凶角位置に3ヶ月ぐらい居座ることなのよね。


日本チャート③夏になると、現行の木星♃は逆行して、また日本の冥王星♇と120度吉角位置に戻ってきます。またミリオネア星です。少しばかり景気は回復傾向が出てくるのかもしれません。
この木星♃位置は8月のものです。
しかし、ちょっと不気味なのは、日本の太陽☉、木星♃と凶角180度位置に現行の天王星♅がやってくること。
上に書いた、木星♃×天王星♅の凶角は、財運は一転する、ぬか喜び、期待はずれという星並びなのよね。
でもって、日本の土星♄、冥王星♇も合わせると、Tスクエアになるわけですよ。Tスクエアというのは、180度凶角と90度凶角の両方が同時にできているという強い凶角であります。
でもね、天王星♅の位置がよく見ると、まだしっかりTスクエアの位置よりは5度くらい上なのよね。
どのくらいの力が働くか、影響力があるかは未知数で、予想できないわね。


日本チャート④秋になると、木星は再び順行になって、日本の天王星♅の凶角180度位置になります。
見れば分かるけど、木星♃×天王星♅の180度凶角位置が2つも形成されるというわけですよ。
財運が一転する、ぬか喜びの星並びが2つもね。
で、その1つは太陽☉、木星♃、土星♄、冥王星♇、天王星♅のTスクエア。まだTスクエアぴったりのところに天王星♅は来ていないのよね。来るのは2020年のオリンピックの年なのよ。
この星の位置は10月20日ごろなんだけど、考えてみるとちょうど消費税が10%に上がる時なのよね。
消費が落ち込んで、経済が一転するのかしらね。停滞する感じかしらね。
このTスクエアを見ると分かるけど、日本の太陽☉、木星♃、土星♄、冥王星♇の90度凶角、つまり日本の悪い面にスイッチを入れるようにして、現行の天王星♅が入ってくるのよね。
日本の太陽☉、木星♃、土星♄、冥王星♇の凶角って、詳しくは私のアスペクト表を見てもらうとして・・・どんぶり勘定と大盤振る舞い星の星並びが重なっているのよ。大胆な金融緩和をし続けたツケが回ってくるのかしらね。
1月と夏頃は、木星♃と冥王星♇のミリオネア星ができて、景気が多少良くなると書いたのは、消費税アップ前の駆け込み需要という感じなのかな。素人の予想としては。

経済はグローバル化しておりまして・・・日本の経済を見るのに、日本だけ見ていてはいけないわけですよ。知ったようなことを言うとね。やっぱり今は世界経済の動向は、中国、アメリカの影響が大きいからね。この2つの国の覇権争いが世界経済を減速させているので、やっぱりこの2つの大国を見ていかないとね。
 

中国チャート①まずは中国。建国は1949年10月1日。これは、2019年1月、つまり今月の星並び。(関わりのあまり無い星は省略しました。)
中国の土星♄と現行の海王星♆は凶角180度になっている。これは感情(海王星)に重圧(土星)が掛かるというもので、私は“いじめられ星”と読んでいる。メンタル的にしんどい星並びである。世界からのバッシングもいろいろ受けてるし、国民の感情なのかもしれにない。もうここ2、3年はこの180度凶角はできたままでいるから、それは今見たままの中国の姿かな。
で、2019年は、この土星♄×海王星♆の凶角180度のTスクエア位置に財運の木星♃がやってきている。木星♃は、上の日本でのダブルチャートを見てもらうと分かるが、いて座の25度近くまで行くが、春に逆行して、だいたい夏にはこの1月の位置まで戻ってくる。影響域の角度を広めに考えると、このTスクエアが長く形成されることになる。この木星♃、土星♄、海王星♆のTスクエアは、メンタル的にも経済的にもダメージを与えることが多い。
中国の海王星♆と現行の土星♄も凶角90度を形成している。土星♄は一周およそ30年というゆっくりとした星で、やぎ座の10度から20度の間をだいたい1年間居座ることになる。つまり影響はおよそ1年ということよ。 
つまり2019年は、“いじめられ星”が2つもできているということなのよ。いろいろバッシングを受けやすい時期になるのだろうね。

中国チャート②でもね、よく見ると、中国の場合、中国の木星♃と現行の冥王星♇が0度吉角をずっと作っている。ミリオネア星である。冥王星♇は一周240年以上のゆっくりとした星なので、この先、まだ数年続くこととなる。
一方、黄色で記された中国の火星♂、冥王星♇と現行の木星♃も120度吉角を形成している。ミリオネア星に火星が加わったものだ。火星♂×木星♃の吉角は勝負運を高める。
ミリオネア星が1つできているだけでも、その間は、最低でも“食うには困らない”くらいの財運をキープすることができる。
2つもミリオネア星ができているので、2019年は経済的には良い状態を維持し続けるのだろう。
現行の木星♃、土星♄の影響は今年だけのものなので、いじめられ感と経済の好調感の両面が強く出ることになるのかな。


アメリカチャート①次にアメリカ。建国は1776年7月4日。日本はこの国の影響をよく受けますからね。NYダウが大幅下落すると、翌日はだいたい日本も下落しますからね。だからこの国はよく見ておかなければならないのよ。
2018年は、アメリカの太陽☉と現行の木星♃、海王星♆でバブルなグランドトラインを形成していたのだが、今年はそんな追い風は吹かなくなると。
一方で、できているのは、2つのTスクエアだわね。アメリカの天王星♅と現行の木星♃、海王星♆のTスクエア。それとアメリカの太陽☉、土星♄と現行の土星♄によるTスクエア。
木星♃と天王星♅の180度凶角は、日本のところで書いた、財運が一転するとか、ぬか喜びという意味。この凶角は昨年の12月にもできていたけど・・・確かに株価が急に不安定になってきたからね。でも、これをヒントに、日本の春にできる1つの木星♃×天王星♅180度凶角を予想すると、まぁ、あんな感じなのかも。
アメリカの場合は、Tスクエアで海王星♆も入っているから、メンタル面の不安も意味しているのだろう。
で、よく見ると、春になって、木星♃が左側に進行すると、今度はアメリカの火星♂と現行の海王星♆、木星♃とでTスクエアができる。火星♂×木星♃はギャンブル星なのだが、凶角の場合、熱くなり過ぎて失敗するパターンだ。過熱し過ぎたものが修正されるのかしらね。
つまりアメリカは来年の10月まではずっと木星絡みのTスクエアができることになる。経済的には良い状態とは言えないかな。

アメリカチャート②で、もう一つのTスクエアがアメリカの太陽☉、土星♄と現行の土星♄によるもの。
太陽☉×土星♄の凶角は、何かと責任、重圧が掛かりやすい。そのTスクエアだから、いろいろプレッシャーが掛かるのだろうね。中国のいじめられ星、90度凶角と180度凶角の2つが同時にできるのと、どっちがしんどいだろう。それは比べたことがないから、私には分からないな。
覇権争いというか、意地の張り合いが2019年も続くのかしらね。






ホロスコープを読むことで、上のような予想はできるのだけれどね。
さて、どうかしら。
2019年もよろしくお願い申し上げます。



参考ブログ:「国の経済、運気を読む」 
こちらを読んでいない方は、参考になることでしょう。

国の経済、運気を読む

西洋占星術で国の経済や運気の上り下がりが読めるのか。

だってね、2500年以上の歴史がある西洋占星術ですよ。古代ローマ時代から考えて、国の形というか、制定みたいものがいろんなスタイルがあるわけですよ。何をもって、国とするか・・・ちょっとそんなもん、本当に読めるの?みたいな。
で、現在の日本の運気を読む場合には、戦後の日本国憲法の公布された 1946年11月3日 を日本の設立日とするという説があってね。文化の日の基になった日ですけど、これもまた不思議な感じなんですよ。なんで? みたいな。じゃ、試してみようかな。
実際にダブルチャートで、今の時期の 2018年3月1日 を作ってみると。日本  20180301
内側の円が日本の設立日(1946・11・3)ですね。ここでは内側だけ注目してもらって、そこから性質を診てみると・・・
太陽☉と木星♃が重なっていて、大らかで商売上手。
土星♄と冥王星♇が重なっていて、ハードワーカー。
でも、その太陽☉と木星♃、土星♄と冥王星♇が凶角90度で、お金に関しては、どんぶり勘定で、大判振る舞いをしがちかね。
水星☿、金星♀、火星♂が重なっているから、文化レベルは高そうだね。
まぁ、なんとなく性質は当たっているかな。



でも、まだ疑い深い私は、これで日本の経済や運気が占えるとは信じない。
こういう時は、過去の事例を当てはめて確認してみるということですね。

これが日本の運気を占うチャートならば、東日本大震災は悪く出ているはずである。で、日本人なら、忘れもしない日付 2011年3月11日を外側の円に入れてダブルチャートを作成してみる。

日本  20110311
時期の運気は、内側の円と外側の円でできるアスペクト(角度)で読んでいく。簡単に言えば、60、120、0度は吉角。90、180度は凶角。吉角ができれば、良いし、凶角ができれば、良くないと。

で、この時は、日本の海王星♆に対して、外の木星♃、冥王星♇、土星♄でTスクエアができていたのですね。Tスクエアというのは、180度と90度のダブル凶角でできた複合アスペクトであります。木星♃が財運を意味するのでね、これは大きな損失がでやすい訳ですよ。

木星♃と土星♄の凶角を私は“お金貯まらない星”と呼んでいて、人間の場合でも出費が出やすい時期であります。木星♃と冥王星♇の凶角を私は“大判振る舞い星”と呼んでいて、無駄にお金や労力を使いがちになりやすい時期であります。
ほかにも、日本の水星☿、金星♀、火星♂に対して、外の海王星が90度凶角を形成している。海王星はメンタルに来るからね。4つの星って・・・星の数が多いね。

このブログを今回初めて入ってきた人は、この程度の説明をいきなりされても ちんぷんかんぷん になるでしょうから、興味を持った人は、
http://tsubobo.com/Aspect.html
を参照して下さいね。

でもさ、占い師って、偶然でありながら、都合のいい、説明しやすい事例を出して、“ほら、当たってるでしょ。私を信じなさい”とか、“誰もが震撼する驚愕の的中率!!!!”なんて言ったりするけど、1つぐらいじゃね、私は信じられない。

では、やたらと最近、バブル期を思い起こしたり、再来を期待したりする声が高まっているけど、日本のバブル期ってどうだったのよ。

日本  19861201ということで、外側に 1986年12月1日を入れて、チャートを作ってみる。

日本の景気拡大期は1986年12月から始まっているから、この日付にしてみたの。バブル景気って、プラザ合意というアメリカの都合で日本の円高がスタートしたことがきっかけなんだけどね。

見ると分かるのだけれど、日本の太陽☉、木星♃に、外の冥王星♇が重なっているのよね。
冥王星♇は1周240年以上のゆっくりとした星でね。前後数年間は重なっていた訳ですよ。
木星♃と冥王星♇の吉角を“ミリオネア星”というのだけれど、とっても財運はいいんですよ。
しかも、0度吉角。これ、2つの星のアスペクトでは最も強い吉角ですよ。さらに太陽☉がその力を増幅させている。
この時期に関しては、ちょうど外の木星♃も120度吉角にあると。これはリッチな星回りだわな。
でも、この外の冥王星♇の位置は、日本の土星♄、冥王星♇とは90度凶角の位置だから、金満だったけど、日本人は忙しかったんだろうね。私は土星♄、冥王星♇の凶角を“へろへろ星”って呼んでいるのよね。
冥王星♇は上にも書いたけど、1周240年以上だからね、この星並びの再来は・・・ずいぶん先だわね。まぁ、他にも財運のいい星並びはあるけど。

で、次に考えるのは、じゃ、バブル崩壊はどうだったの?

日本 19910301バブル景気の拡大は、1991年2月まで続いたので、1991年3月1月の星並びを外側に入れてみた。
日本の太陽☉、木星♃、土星♄、冥王星♇と外側の土星♄、木星♃がTスクエアを作っているのね。
木星♃(財運)と土星♄(堅実)の凶角は、上にも書いたけど、“お金貯まらない星”。凶角は、タロットカードの逆位置のように、逆の意味になるものもあって、土星♄の場合は、“堅実でなくなる”ということになる。時期の占いで、木星♃、土星♄の凶角位置ができると、出費が多くなる。この頃は、日本国内でいろんな損失があったんだろうね。



ダブルチャートに慣れてきて、星の動きが予測できるようになると、その後の日本の経済が読める。
日本  19980301
1998年3月1日を外側に入れてホロスコープを作ってみた。
特に何があった訳ではない。ホロスコープ上で言えば、日本の太陽☉、木星♃、土星♄、冥王星♇のTスクエア位置に天王星がやってきていて、その後、海王星♆がバトンタッチするように続いてやってくる。
天王星♅は1周84年。海王星♆は1周160年以上の星である。天王星♅で影響は2、3年。海王星♆で6年ほどである。合わせて影響は、8、9年といったところかな。
こうして見ると、1997年ごろから、2005年くらいまでは日本の経済はイマイチだったんだろうね。
バブル崩壊から合わせて、これがいわゆる日本の“失われた10年”とか、“失われた20年”とも言われるものになるのかな。

で、いつ、ぱっと回復したかというと、星並び的には、こんなんじゃないかな。日本  20130801
2013年8月1日の星並びを外側に入れてみると、

日本の太陽☉、木星♃と、外側の海王星♆、木星♃、土星♄で、グランドトライン(正三角形)を形成している。グランドトラインというのは、120度吉角が3つで形成される強い吉角だ。
で、財運の木星♃が2つも入って、外側はゆっくりした星でできている。これは景気良くなるわな。
思い起こせば、2012年の終わりに第2次安倍政権ができて、2013年の株価はずいぶん上がったんだよね。
このくらいの星並びができないと・・・景気って、“気”の問題からね。バブル景気を味わった人たちには、それまでのじわじわした景気では、“回復”という感じにならなかったんじゃないかな。このくらいのインパクトがあって、はじめて“失われた20年”から脱却した気分になれたんだろうね。

ただね、気になるのは、この時、同時に日本の海王星♆、外側の木星♃、天王星♅、冥王星♇で、グランドクロス(十字架)ができている。180度凶角が、90度凶角で交わるという凶角の詰め合わせだ。天王星♅は“変化”、冥王星♇は破壊と再生を意味する。この2つのアスペクトを変革の星並びというのだけれど、経済の形がぐっと変革されたかもしれない。

吉角と凶角が同時に出来る場合、吉角の作用が最初に表に出てきて、後で振り返ってみると、伏線のように凶角の作用が出ていたことに気付いたりする。その時は埋もれていたりするのよ。
まだ私にはよく分かっていないけど、日本経済を浮かれさせたけど、悪い面も残しているかもね。


でもさ、ここまで過去のホロスコープチャートをいっぱい並べられてもね、都合のいいデータを並べて・・・悪徳金融商品とかって、こんな感じでだまされるんじゃないのって、思っちゃう。
まぁ、遊びだと割り切ってしまいましょう。所詮は“占い”ですから。

ついでにね、当たっているなら、アメリカの場合はどうよ、ってなる。
この方法が当たっているなら、アメリカ同時多発テロの911は出ているでしょう。

ということで、内側にアメリカの建国の1776年7月4日、外側に2001年9月11日を入れてダブルチャートを作成してみましょう。アメリカ  20010911
内側がアメリカの性質を表すことになるのだけれど、結構、星が偏っているね。金星♀と木星♃が重なっている。“人気星”だね。火星と海王星が凶角90度の軽い“イライラ星”だね。
2001年9月11日の運気を診ると、
アメリカの火星♂、天王星♅が、外側の土星♄、冥王星♇と180度凶角一直線上に並んでいる。
火星♂と冥王星♇は、暴力を意味し、天王星♅と冥王星♇は、不可抗力の変化を意味する。そこにこの年は、土星♄が重なってきた訳ですね。



なるほど、星にも出ているような気がする。



あ、そうだ、だとしたら、リーマンショックはどうなんだろう? と思ったりする。
で、2008年9月15日でダブルチャートを作ってみる。アメリカ  リーマンショック 20080915

アメリカの太陽☉、土星♄と外の木星♃でTスクエア。“お金貯まらない星”の出費の出るTスクエアですね。あと、アメリカの火星♂、海王星♆と外の天王星♅でTスクエアだね。ダブルでTスクエアだもんね。ちょうどTスクエアができるポイント2つにゆっくりな星が来てしまっている。
今回話に出しているのが、歴史的な経済話の、期間が長いものばかりなので、足の速い(外の)水星☿、金星♀、火星♂は出していないのだけれど、この日に限っては、外の水星☿、金星♀、火星♂もTスクエア上にあるね。アメリカ  ブラックマンデー 19871019



では、株価が暴落した例ならば、1987年のブラックマンデーはどうだったんだろう。
これはまた180度凶角が多いね。
アメリカの木星♃と外の海王星♆が180度凶角。木星♃と海王星♆の凶角を私は“どん底星”と呼んでいる。
アメリカの火星♂と外の土星♄が180度凶角。火星♂と土星♄の凶角を私は“我慢星”と呼んでいる。
アメリカの土星♄と外の木星♃が180度凶角。木星♃と土星♄の凶角は、“お金貯まらない星”。
Tスクエアはないけど、しんどい180度凶角がオンパレードしているね。


となると、さらに過去へさかのぼり、世界大恐慌のきっかけとなった1929年10月24日のニューヨーク市場の大暴落はどうだったんだろう。
アメリカ  恐慌 19291024
こっちはTスクエアですね。
アメリカの火星♂、海王星♆と外の木星♃、土星♄がTスクエアという強い凶角を形成している。
海王星♆と土星♄の凶角を私は“いじめられ星”と呼んでいる。プレッシャー、重圧、苦痛を受けやすい時ですね。
つまり、“我慢星”“お金貯まらない星”“いじめられ星”でTスクエアができているということで、これはしんどいですわね。







過去を見てきた訳ですが、こうなると未来のことが知りたくなってくる。
日本、この先で経済を落ち込みそうな時っていつだろうね、ってね。

で、星の動きを推測してみると、だいたいこの辺りかな。
2021年ごろ。
で、適当に2021年3月1日を入れてダブルチャート作ってみた。内側は日本です。

日本  20210301
この3月の段階で、日本の太陽☉、木星♃、土星♄、冥王星♇と外の天王星♅、土星♄でグランドクロス(十字架)を形成していますね。木星♃と2つの土星♄のTスクエアも含まれているグランドクロスと。
1、2月では、これに外の木星♃も入っているいった感じでしょうか。外の天王星
♅の位置を考えれば、1つのTスクエアはもう少し早くから影響は出てきているかも。
ここで、景気は悪くなるのかなぁ。オリンピック過ぎということね。
でも、オリンピック過ぎたら、土木建築業を中心に仕事が激減して、経済が落ち込むだろうなんてことは、よく言われているから、これも当たるのかな。逆に言えば、“星占いしなくても、分かっているよ”って言われそうな気がするけど・・・。
景気は良くなったり、悪くなったりを繰り返すからね。


なんだか、ここまでチャートを揃えられると、それらしく聞こえるけどね。どうでしょうね。
そもそも日本の設立日を 1946年11月3日 にするという根拠も曖昧だしね。

まぁ、遊び半分で、“おお、すげーっ、本当に星に出てる”っていう程度で見て下さい。
信じるか、信じないかはあなた次第。

いろんな国や会社で試して、遊んでみて下さいな。

プロフィール

つぼぼ