星占い師 つぼぼのホロスコープ星占い ブログ部

名古屋鑑定は7月25日(水)まで。東京鑑定は7月30日(月)より。 秋はホロスコープ講座も開催。札幌講座は、9月29日(土)、30日(日)。東京講座は、11月3日(土・祝)、4日(日)。大阪講座は、11月23日(金・祝)、24日(土)であります。 詳しくは、http://tsubobo.com/contact.html

本サイトは http://tsubobo.com ホロスコープを読もう、学ぼうというサイトです。

ホームレス

2人の元ホームレス

前回の「聖職者」でも書いたのだけれど、私の知り合いが、ホームレスの自立支援のNPOに入っていて、毎日のように無償ボランティアで働いているという関係で、私も広報面でお手伝いすることになったのよね。
でも、手伝っているうちに、ついつい星占い師としての探究心が湧いてきて・・・、つまりさ、どういう人がホームレスになるのかなぁって、興味が湧いてきたのよね。

私がその市民活動の事務所にいた時、見た目は若そうのだけれど、やっとホームレスから抜け出したという男性がいたのね。職業訓練途中ながら、NPOが保証人になってアパートを借りることができたというので、その手続きに来ていたのよ。ここではAさんとしておくけど。乾いた紙のように表情の薄い人だったな。
派遣社員として働いていた工場を解雇され、宿舎も追い出され、ネットカフェなどで夜を明かしながら、日々を過ごしたみたい。次の仕事を探すも見つからず、とうとうお金が底をつき、名古屋市栄の公園で寝泊りするようになったと。その後、このNPOの人に声を掛けられ、一時的に風雨をしのぐシェルターに入居。
地道に、人生やり直し~、やがてそのシェルターも抜け出し~、・・・これからアパートが借りられるというのに、NPOの人が“良かったね”と声を掛けても、何かうっすらと笑みを浮かべているだけなのよね。


で、興味が湧いてきて、私は年齢を訊いたわけさ。
41歳。正直、見かけより、ずいぶん年齢がいってた。意外。そこで、いつもの手で“私と同じ年じゃないですか”(嘘)といって、月日も訊き出す。
このAさん。1971年9月11日生まれ。全然、おっさんやで。
その場で、彼に見えないようにiPadでホロスコープを開く。生まれた時間は適当に10:00などと記入する。
ということで、皆さんも関心がある方はいつものごとくホロスコープを見てみましょう。
http://www.m-ac.com/double.php

まずは内側の性格の部分を見てみましょうか。
さっと目に付くのは、財運の木星♃と感情の海王星♆が重なっていること。まさにこれは、バブル星。しかも誤差が1度もない。しかしよく見ると、知性の水星☿と凶角90度を形成しているのだな。ここが残念。もう5日後に生まれれば、水星との凶角がなく、純粋に強力なバブル星だったのに。バブル星で生まれた人は、実力以上に周囲からちやほやされる、多くの場面で“なんで、俺が?”みたいな抜擢のされ方をするんだな。何の心配もなく、浮かれ気分で生きていける星だったのだが・・・。
木星と水星、海王星と水星がともに90度の凶角なんだけど、これは、大雑把で思考が上手くまとまず、さらに楽観的な人間を形成してしまう。
でも、水星は知性面だから、性格面では出てしまうけど、天の力が大きく働く木星や海王星に比べると、それほど生活環境を左右させない。Aさんは、子供の頃からお金には困らなかったはず。何もしなくても、周りから楽しい誘いがいっぱいきていたはず。木星×海王星0度の12年に一度形成される最強のバブル星。かなりの幸運星。こんな人、どのくらいの割合でいるのだろう。本来、羨ましいくらいなんだけど~。


なぜ、ホームレスにまで陥ってしまったか?
では、ダブルチャートで、現在の時間を彼が解雇されたという2009年7月を見てみましょう。日付は7月1日とさせてもらいましょうか。
ご覧いただきましょう。この時、現行の木星と海王星も重なっています。バブル星を形成しています。リーマンショック後ですが、この時期は景気が少しは上向いたっけ?まぁ、そんな世の中全体の話はさておき、Aさんへの影響を見てみると、彼のバブル星組と現行のバブル星組が凶角90度を形成しているのだな。誤差はまだ3度ちょっととはいえ、これはかなりの大ダメージ。なかなかないわよ。そりゃ、こんなパンチを食らう人は、生まれた時に木星と海王星が重なって生まれた人ぐらいだからね。
ここまでくると、完全に不可抗力だね。もがいても無駄。バブル星の2組が凶角で、W(ダブル)どん底星。生まれた時の水星も見ると、魔のTの字になっているしね。これは、尋常なじゃない。何も起きないはずがない。
この時点から、現行の木星は足が速いのでさっさと行き去るのだが、海王星はゆっくりさんなので、Aさんの生まれた時のバブル星と現行の海王星は凶角90度のどん底星のまま続いた。さらに2012年6月15日のホロスコープを見ると、生まれた時のバブル星の凶角180度位置に木星、凶角90度位置に海王星が位置するのよね。生まれた時の水星も合わせると、魔の十字架になってしまっている。
これもかなりキツイ。どこぞの国のミサイルが飛んできて、直撃をくらうようなもの。
もともとね、生まれた時の木星と海王星が重なり、バブル星を形成していて、金銭に関しては不自由しなかったと思うのよね。しかもよく見ると、太陽と金星も5度以内で重なっているし。どちらかと言えば、上の方の生活水準を保ってきたんじゃないかしら。で、水星がバブル星と凶角90度になっていて、大雑把さがあったとしても、なんとか豊かに暮らせたのよね。


でもね、Aさんに話を聞くと、40歳を越えた今まで、年金を払ったことが無いんだって。しかも失業保険にも入っていなかった。これね、完全に世の中を甘く見てきた証拠なのよね。言い方を変えれば、甘くても生きてこられたのよ。いくら大雑把でも、そこまで将来のことを考えていない人って珍しいわよね。払うお金が無いのなら、話は別だけど。世代的にも、高卒なら、バブルの頃に就職していたろうし。まぁ、あの頃は、フリーターの方が正社員より収入が良かったという奇妙な時代だったけど・・・。
完全に脇が甘かったのよね。この運の良さが、人を弱くしてしまったのよ。だから生活防衛力が育たなくなる。そこへ持ってきて、本来、幸運力のあるバブル星の凶角に、強い星が来ると、その力が逆ベクトルになり、他の人が出遭わないような強力な破壊的ダメージを受ける星並びとなる。まさに“カウンター”よ。カウンターパンチ? 魔のカウンター攻撃?
守りの弱いところへ、一生に一度来るかどうか(確率的には五生に一度来るかどうかかな)の大試練の星並びが形成されたら、まぁ、甘ちゃんは一発で奈落の底へ落ちていくわけさ。

それでも、Aさんは、もともとの運気がいいものだから、どん底星を抜けると、ちゃんと人が救ってくれたわけなのよね。それで、自立支援を受けて、アパートを借りて、再出発を果たしたと。
もう2度とこんなWどん底星は来ないけど、ちゃんと反省して、学んだかのかなぁ。そうすれば、自分の弱点の大雑把さと過剰な楽観さをクリアできるだろうに。もう2度、あの規模の試練は来ないだろうけど、そこそこの試練はまだあるからね。学んでいないと、また痛い目に遭うんだな。自分の悪いところは直すようにしないとね。
あと、人生、やっぱり、幸運の量と試練の量を計りにかけると皆同じになるのかもね。



もう一人、60歳を越えた女性なんだけど・・・。元ホームレスの方なんだけど、今はこのNPOの自立支援のスタッフとしてボランティア活動しているのよ。体格のいい、よく笑う明るいおばさん。ホームレスの人に、無料で食事を提供する食堂で活動していた。自分が助けられて、やっぱり自分のように困っている人を助けたいとボランティアをする。この団体にはそういう人が多いのよね。いわゆる悪徳の貧困ビジネスではなくてね、その証拠に、ほとんどの人に生活保護申請はさせていないから。すべて寄付と自治体からのわずかな支援金だけで賄っていて、慢性的な赤字の市民団体。で、ボランティアの人も、その事情を分かっているから、無償でせっせと平日だけでなく、土日は炊き出しなんかも手伝っている。
話は戻すけど、この女性をBさんとしましょう。
Bさんの生年月日は、1951年8月23日。
さて、同じくホロスコープを見てみましょう。


ひと目で目につくのが、木星と海王星の凶角180度位置。これは、“どん底星”。バブル星のまったく逆のものです。幼い頃から、経済的、家庭環境などで苦労する星の相です。さらに、天王星も加えて、“魔のTの字”を形成しています。これは、まず間違いなく、困難な道を歩む人です。
しかし、困難な道を歩むからこそ、それらの試練を正面から乗り越え、自分をあらゆる障害に対して抵抗力、精神力を付けるので、逆に“強運”の持ち主となる可能性を秘めています。土星、太陽の凶角の苦労星と同じく、創業会社の社長などに多い星並びと言われています。
昭和26年生まれと言ったら、「Always 3丁目の夕日」の(子役の)世代だからね。日本全体が貧しかった時代だけど、あの頃の貧困層なんて、生きることそのものがかなり苦しいからね。食糧事情はビッグダディの家なんて比べものにならないくらい、口に入れられるかどうかのレベル。
そんな苦労をしたかどうかというはるか昔の話は聞いていないけど~。


このBさん、なぜ、ホームレスになったかというと、・・・夫婦仲が悪かったのです。
どうにも、夫のことが嫌で、何度も家出をしてきたそうで。そして7回目の家出で、ついに、完遂?成功? でも、最初は友人宅や安宿に泊まるも、ついに所持金が底をつき始め、名古屋市の金山付近で女性ホームレスになると。それでも家に帰らなかったんだから、よっぽど、夫のことが嫌いだったのね。もう娘さんは独立していたそうだから、ある意味“熟年離婚”のようなものかな。もしくは極端な“別居”だね。

でも、女性ホームレスって大変なのよね。夜、寝られないだってさ。いくら年齢がいってても、襲われるのが怖いからね。だから、一晩中、歩き回ったんだってさ。寒く、雪が舞うような夜でも、マッチ売りの少女ならぬ、おばさんが、持っている服全部着て夜が明けるまで、深夜歩き続ける。そして夜明けが一番寒いんだな。公園の障害者用トイレで寒さに耐えたりしたんだって。季節が暑くなってくると、今度は、汗をかいて、だんだん身体が臭くなる。そうすると、自分が臭いのが分かるから、人に近寄らなくなっていく。自分が臭くて、嫌われる・・・。その前に見た目で嫌われるだろうと思う人もいるでしょうが・・・。でも、話を聞くと、ホームレス仲間の中には、昼間はビシッとスーツを着るおじさんもいたんだって。お風呂もちゃんと入って清潔にしているホームレスもいるんだよ。Bさんは、その公衆浴場すら、恥ずかしくて行けなかった。でもさ、基本、女性ホームレスは、冬も夏も大変なんだよね。Bさんは、そんな生活を8か月ぐらいして、自立支援の人に声を掛けられ、シェルターに入居したと。夜、布団の上に寝た時は、本当に嬉しことも忘れるくらい爆睡したんだって。だから、今でも、Bさんにとっては、布団の上に寝ている時が至高の喜びの時間。

皮肉なことに、そんなしんどいホームレス生活をしている間に、大嫌いな夫は亡くなっていたんだって。シェルターに入ってから、娘から聞いたそうな。

木星と海王星と天王星の魔のTの字。財運も悪いけど、考え方もエキセントリックなところがあるのよね。Bさんは60歳近くになっても、直らなかったんだな。財運も性格も。

生まれつき財運の悪い人は、子供のうちに苦労するから、節約家、ケチになって、自分の財産を守る術を身に着けるのね。お金の話が一番分かりやすいだろうけど、性格なんかも、弱点は、社会で揉まれているうちにだんだんと克服されてくることが多いのよ。
そして“強運”になっていく。
だから、個人鑑定していても、苦労星を持つ20代の人に、“今、どん底星で財運が厳しいけど、あんた、貧乏は慣れているから、平気でしょ?”とか言うと“はい、お金がないのは、なんとかなります”とか、“お金はいくら苦しくても、底をついたことがありません”とか答える人が多いのよね。守りが硬く育つのよ。お金に苦労してきているから。
つまりシングルチャートで、財運において苦労星を持っている人は、ダブルチャートで、現行の星による財運の苦労の時期が来ても、すでに免疫ができているから、強い抵抗力がついているのよね。だからダメージが小さい。これこそ“強運”。だから、会社を立てても、堅実な運営ができてしまう。
最近は、シングルチャートで吉角の多い人より、凶角の多い人の方が、将来有望のようにも感じたりする時があるわね。


それにしても、Bさんは、これまで困難も多かったろうけど、直さなかったんだな。
それで、人生の後半の後半でヘビーダメージを与えられたと。本当は、それまでの困難を受けているうちに、自分の弱点を直し、長所を伸ばしていかなきゃ、いけなかったのにね。
人間が歳をとるというのは、そういうことでしょ。

でも、今度はさすがに直すかな。夫も亡くなったしね。ホームレスの人たちに無料で食事を与える食堂で毎日、ボランティアしているしね。


他の元ホームレスで、今、ある施設で所長をされているおじさんがいてね。その人は、もと大工の棟梁だったんだけど、不景気で仕事が無くなり、あらゆるところから借金して、姿を消すように逃げたんだって。その不景気というのが、石油ショックというから、いったいいくつなんだろう。その所長いわく、“ホームレスは、この世から逃げた人間”。
今、一番の願いは、生きているうちに兄弟に会って、土下座して謝ることだってさ。
その元棟梁で、元ホームレスの所長さんが「人間、苦しい時に後ろ向きになって、悪いサイクルに入ってしまえば、底の底まで堕ちていく。だから、いくら逃げ出したいくらいつらい時でも、ヤケになってはならない。どんな時でも、建設的でなきゃいけない」って言ってたよ。

悪いサイクルか・・・。
誰だって、1つくらい思い当たることがあるんじゃないの?
沁みるね。


元大工の棟梁さん、今は、一度崩れた人生を必死に建て直しているんだなぁ。
もう70歳前後でしょ。

聖職者

 信じられないくらい、他人のために奉仕する人が時々いるのよね。
私の知り合いで、ホームレスの自立支援のNPOに入っていて、毎日のように無償ボランティアで身体を動かしている人がいるのよ。
 

 50代後半の独身の男性でね、熱心というか、まるで炊き出しや調理場に立つことが自分の仕事のようだと言わんばかりにぐいぐいやっているのよね。ここではAさんとしておくわね。
 ホームレスの方に寝る場所を提供するシェルターという場所が私の住んでいる一宮市あって、その1階に小さな食堂があるのよ。昼の11:30~14:30、夕方は16:30~18:30に食事を提供するんだけど、ホームレスの人は無料。働いている人は1食200円。そのNPOの代表の人は、“とてもあなたの口には合いませんよ”と言われたんだけど、そうでもないのよね。結構、美味しいのよ。お弁当屋さんの残りものの惣菜もあったりして。
 テーブルの上にいろんなおかずが大皿で載せてあって、ご飯だけもらい(カレーライスもある!)、セルフでおかずを小皿に移して食べるしくみなのよ。

 前から、Aさんに自慢気に“つぼぼさん、一度、食べに来て下さいよ。美味しいから。”って言われていたんだけど、分かりにくい場所にあったし、なかなか都合も合わなくてね、行けなかったのよ。で、この2月になって、やっと行けたと。
 私が夕食に行った時は、もう終わり頃の時間だったから、あまり人がいなかったのよね。でも、道路工事の交通整理の格好をした60代の年配のおじさんが2人いたわ。あの反射板とか、分厚い上着とか、近くで見ると、結構重そうなんだよね。
 話をしてみると、昔は2人ともホームレスをやってたんだって、名古屋周辺を転々としていたそうよ。
ホームレスになったきっかけは、お一人の方は、派遣を切られて、寮を追い出されて、そのまま公園へ。最初は1つの決まった公園で寝ていたそうなんだけど、ある晩、いたずらで、包まっていた毛布に火を付けられたんだって。危うく焼け死ぬところだったんだけど、それで怖くなって、定住型でなく、移動型ホームレスになったと。公園での寝泊りは冬になると寒いから、皆、酒飲んで身体を温めるのよね。酔っていて・・・、だから、余計にそういういたずらが命取りになるのよね。
 もう一人の方は、阪神淡路大震災で財産を失い、そのままホームレスになったんだって。国や自治体から何等かの援助はあったみたいだけど、全然足りなくて、関西方面をふらつき、愛知の一宮に流れ着いたみたい。

 二人はシェルターに入り、その後、支援してもらって、自立して、今はアパートにそれぞれ住んでいるんだって。でも、この食堂には今でも毎晩のようにやって来ては仲間とくつろいでいるそうよ。
ホームレスは、今は20代も大勢いるんだって。派遣切られて、ネットカフェ難民になって・・・、このまま公園に堕ちていくそうよ。でも、若者は、何十年もホームレスやっているベテランさんと違い、食べられる生ごみのある場所や、空き缶を集め、お金に変える方法など、ホームレスとして生活する術を知らないから、結構、ほんとに生きていくこと自身、ヤバいらしいのよね。昭和30年代生まれの人は、子供の頃、原っぱに基地とか建てて遊んでいるから、ブルーハウスも上手に作るらしいし・・・。
 

 で、Aさんはシェルターの厨房で、NPOのスタッフの一人として、そんなホームレス、元ホームレスの人たちに、明るく声を掛けては、料理をしているのよ。
このAさんを知っている人は、皆言うのよね。“あの人、なんであんなに熱心なんだろう?”って。もともとバイタリティの溢れる人なんだけど、自然体で、まるで八百屋の親父みたいに・・・、そう商売でもないのに、商売人みたいに元気に現場に立っているのよ。
 Aさんは、夕食のための厨房に立つんだけど、材料ももらいに行ってるのよね。お弁当屋さんなんかが食材が余ると、教えてくれて、それを空いている人間が取りに行く。“ありがとうございます、ありがとうございます”と、嬉しそうににこやかな表情をしながら、頭を下げて、貰い受けるのよね。そのよく“空いている”人間でもあるAさんは、その仕事もよく引き受けていると。

 で、食堂が終わった後、Aさんが私と話をしていたら話が盛り上がり~、シェルターの管理人が電気を消すというので、(電気代がもったいないから)、追い出され、近くのマックで100円コーヒーを飲みながら、結構話が続いたのよね。

 Aさんは、私が知っている範囲では、もともと輸入雑貨を売っているお店をやっていたんだけど、店を閉じて、まぁ、いろいろ頼まれ仕事をやって生計を立てているみたい。お母さんを昨年亡くして、今はもう独りなんだよね。生活は楽じゃないみたいなんだけど・・・。


 で、話の中で、なぜこんなにもボランティアをやるのかという話題になったのよ。
するとね、唐突に、
 「つぼぼさん、ここだけの話、俺、前世、クリスチャンだったんだよ。たぶん、カトリックの。」 

 まだ輸入雑貨屋さんをやっていた頃、ある人に連れられて、教会に行ったんですって。そこで、讃美歌のグレゴリオ聖歌を聞いたとき、体中の血液が逆流というか、身体が拡散してしまって、宙に浮いてしまったような気分になったんだって。透明な光を感じ、身体がぴくりとも動かなくなって、“なんだ、これは”と。
 手を合わせて、目を瞑ったまま、しばらく動けず・・・。その間、あらゆる音が聞こえないほどに、自分を変えられてしまったと。
 それから、彼のお店にはずっと讃美歌がかかるようになった。
 さらに、やがて、そのお店は閉めることになったと。


 その話を聞いて、私は、こりゃ、スピリチュアルの星並びを持つ人だなと思い、ホロスコープを診てみたのよね。
 1956年6月11日生まれ。

 やはり、ずばり、冥王星と海王星が吉角60度。スピリチュアル相。
 しかも、その冥王星に木星が重なっている。人に与えれば、与えるほど、倍になって戻ってくる人徳相。
 同時に、海王星と木星が吉角60度で、実力以上に評価されるバブル相。
 でも、冥王星と木星が重なったまま、苦難の土星と凶角90度でもあり、結構、人生に重荷を背負わされる星並び。
 あらあら、こりゃ、自分から進んでボランティアをしてしまう人だわよ。天性の他人に奉仕する才能がある人、とでも言っていいかしら。

 そんな話をしたら、
「俺には、あの世のものとかは全く見えない。スピリチュアルの力は全くない。けど、自分は、自分のやるべきことの方へ向かっているという確信があるんですよ。」

 海王星と冥王星が吉角60度(誤差5度以内)を作る星並びをスピリチュアル相と私は呼んでいるんだけど、結構いるように感じるでしょ? 霊感が強くて、中にはスピリチャルカウンセラーまでやれてしまう人がいる。でも、海王星は太陽系を一周するのに、160年以上、冥王星は240年以上。なぜ、こうも広い世代に現れるかというと、海王星も冥王星もじわじわとゆっくり進行するんじゃなく、“3進んでは2歩下がる”みたいな動きをするわけ。惑星は地球から見て、“逆行”という動きをするのよ。だから、1950年代頃から、2040年代頃まで、このおよそ100年間は度々、海王星と冥王星が吉角60度を形成するというわけ。それを過ぎるとしばらく、このスピリチュアル相の人は、どう頑張っても出てこないのよ。そういう意味では、この100年間はスピリチャルな才能が出てきやすい貴重な時代と言えるわね。

 もしかしたら、Aさんはもっと、宗教的な奉仕の世界へ行ってしまうかもしれないわね。
話をしていたら、Aさんの携帯が鳴って、彼は呼び出されたのよね。パーキンソン病を患っている友人がいて、一人じゃ動けないらしくて、その人の手助けというか、無償タクシーもしているとのこと。
 “駅に着いたから、迎えに来てほしい”と。
 それで、話は中断になって、彼はそそくさと行ってしまったんだけど、・・・どこまで、人がいいのかしらねって感じ。驚かされるわ。


 家に帰ってから、私もYouTubeで、グレゴリオ賛歌を探して、聴いてみたのよね。
 布団の中で。
 グレゴリオ賛歌っていっても、いろいろあるのよね。
 どの曲かしら?


 まぁ、・・・確かにいい曲・・・だわね。
 でも、私は、・・・宙には浮かんな。

 YouTubeじゃ、ダメかな。

プロフィール

つぼぼ