生まれた時の海王星(♆・Neptune)と冥王星(♇・Pluto)の位置の吉角の人のことなんだけど、これ実に「神秘相~スピリチュアルな人~」。

海王星は一周するのに160年以上、冥王星は240年以上という、そりゃ、遠い星です。ちなみに天王星は80年以上。この数字3つとも覚えているなんて、つぼぼさん、偉~いと思っている人、覚え方は簡単です。80の倍数です。
もっと説明すると、ケプラーの惑星の法則で~、惑星のスピードは、その惑星が描く弧とその弧と太陽で作られる面積で、惑星のスピードが決まり~、つまり、天王星、海王星、冥王星の位置関係は~、

そんな話はさておき、昨年12月に開催した「東京つぼぼ 空に穴が開いているから Tokyoパワスポツアー」では、偶然、この海王星と冥王星の吉角、120度、60度の参加者が多かったんだな。まぁ、そんな人たちだから、集まってきたのかもしれないけど。

海王星は感情、感覚の星。
冥王星は、あの世の星、閻魔大王、権力、頂点の星。

だから、この2つの星が吉角を作る人は、スピリチュアル面で強い人が多いのよ。実際、私が知っているスピリチュアルカウンセラーで、この星並びの人がいるわよ。
こういう人はあの世と通じてしまうことがあるのよ。
少なくとも子供の頃は結構、いろいろ体験しているみたい。

でもみんな子供の頃からそんな風に見えたりしたわけじゃないのよ。私の知っているスピリチュアルカウンセラーは守護霊なんかと話して、お孫さんの年齢まで当てちゃうけど、生まれながらそういう力を持っていたんじゃなくて、高校時代に半年に及ぶ入院中に、その力が覚醒したのよね。
他にも、この星並びを持っていて、事故で大ケガをしてから、力が目覚めた人がいるわ。
まぁ、そういうトリガー、引き金があると、より力が目覚めるようね。
私の知っているある男性もこの星並びなんだけど、酔うとあの世のものが見えるみたいね。酒が彼の力を目覚めさせるようで。(酔拳かよっ!)

これは長所か短所かというと、どちらでも無いわね。

よく対面占いをしていると~、まぁ、当然、相手は、占い好きな人が多いわけでしで、で、できることなら、スピリチャアルな力を持って、自分も的中率の高い占いをできるようになりたいと望んでいるわけよ。できることなら、守護霊と話せるくらいの力を持って・・・御神託するような~。で、自分もこの星並びであることを期待するわけぇ~。
でも、この海王星と冥王星の吉角の人は、決して、RPGゲームやアニメに出てくるかわいらしい魔法使いじゃないのよね。

この人たちは、あの世のものを感じちゃったり、見えたり、中には話し声が聞こえてしまうのよ。

この間も、30代半ばの男性を診たんだけど、やっぱり吉角でね。
「あんた、見えるでしょ?」って訊いたら、見えはしないけど、感じちゃうんだって。すぐ近くにいるとかね。悪いものがいるとか。

他にも、この吉角の人は、あるお店に入ろうとすると、どうしても気分が悪くなって、入れないとか、・・・あるんだってさ。
あと、金縛りに遭ったりもする。
皆、共通して言うのは、“見たくもないのに、見えてしまう”“感じたくないものを、感じてしまう”ってこと。

ちなみに、上の30代半ばの男性は、パニック障害になっています。
働けず、若年生活保護をもらっています。
その原因の1つが感じ過ぎてしまっていることのようで。人ごみも苦手だけど・・・、あっちも込み入ってるも辛いようで。どこにでも出かけられるわけじゃない。
いつからか、その感覚器にスイッチが入ったみたい。
解体業の仕事で働いていたんだけど、いろんな現場で、急に、怯えだす彼を見て、周囲の人は、“あいつ、病気だぜ”って、なってしまったんだな。
実際、彼も感じてしまって、あまり外に出られなくなってしまった。
精神科に行っても、どうにもならず、「パニック障害」で落ち着かされたと。

不思議と、このスピリチャル相の星並びを持つ人は類を友を呼ぶというか、結構、互いに近寄ってしまうんだな。夫婦ともこのスピリチュアル相というのも、珍しくなくてね。
で、彼の場合も、どうも嫁さんの方もそうらしくて、「パニック障害」になってしまっている。
若い夫婦だけれども、それでは、生活できないだろうということで、無理やり嫁さんの両親に離婚させられ、嫁さんは実家に戻されてしまった。
彼は遭うこともできない。
市から生活保護者でも契約できるワンルームマンションを紹介してもらい、独りで暮らしているね。
そんな中で、彼は絵を描くことを覚えたんだな。外にあまり出られないから。出られても静かなところにしか行けないから。
でも、感性レベルが高いためか、あの世とつながっているためか、これがいい絵を描くんだな。
試しにB全という縦横1メートル前後の大きな紙に描かせてみたんだ。いい絵なんだよ。
細かいだけでなく、画面構成力もあって、いいポエム(詩)が流れてくる、心地良い音楽が聴こえてくるようなんだ。これもこの星並びの人間ならでは力かもしれないけど・・・。

静かな環境の中で、彼の心の中を埋めているものは、奥さんのことなんだな。
「俺は、絵に出会えて、絵を描いて、気分を楽にしているけど、あいつにはそういうものが無いんだ。今も家の中に閉じ込められている・・・」
4階の狭いベランダから見える風景は、ただの大きな壁のような工場。
彼は、そんなベランダで元嫁と携帯メールでやりとりをしている。
返事が来ないことも結構ある。
山のような煙草の吸殻が空のコーヒー缶でくたびれて折れていたわ。

ただ、いろんな意味で感度がいいだけのことなのにね。

一方でその感度が高いというので、まぁ、長所としては、勘がいいということね。
この吉角を持つ人は勘を頼るといいわ。 実際、そういう人も多い。
上の男性のように、この星並びの人、すべてがあの世のものを感じているようではないので。
でも、概して、あの世の話とか、宗教好きな人、占い好きな人は多いわね。

もし、付き合っている相手、彼氏、彼女がこの星並びだと、かなりキツいです。浮気みたいなものはすぐにバレます。背中に他の女のものが付いていたりすると、分かっちゃいます。心の中に住みつかれても、見抜かれてしまいます。
一方、自分の欲しているものが、黙っていても通じてしまうので、楽な面もあります。

上司とか、取引先がこの星並びなら、誠意で接するしかないと思った方がいいわね。嘘は見抜かれる可能性が高い。要注意。

海王星と冥王星が吉角(60度、120度)の場合は以上のようになるけど、凶角になると、どうなるか?

精神錯乱、妄想、ドラックなどの依存症になりやすい傾向があります。

つまり、上の30代半ばの男性と、一般人から見た様子は同じになるのよ。

こんな星並び、欲しい?

スピリチュアルカウンセラーか、星占い師になるなら別だけどねぇ。

えっ、私? 

私は海王星、冥王星が吉角60度で、誤差が4度19分なのよ。まぁ、ぎりぎり5度以内。一応、スピリチュアル?
鏡リュウジさんは同じく誤差4度43分。これはもっとぎりぎり5度以内。
石井ゆかりさんも吉角60度で、誤差は3度以下。
ジョナサン・ケイナーさんも吉角60度で誤差は1度ちょっと。しかもジョナサンの場合、冥王星に木星が重なっているからかなり強い。

でも、私には、これぐらいがちょうどいいのかな。
私、見えないし、聞こえないし。ちょっとたまに感じるくらいかな。

ちなみにこれは、生まれた時の海王星と、現在の冥王星。
生まれた時の冥王星と、現在の海王星の角度でも言えます。

以下のサイトでは、二重円で見ることができるわよ。

http://www.m-ac.com/pages/doubleset_j.php

あの世への感度が高くなる時期はあるんだけど、その時は神社か観音様、お不動様に行って、何か願い事でもするかな。
それともお墓参りでもして、ご先祖さんと話をするかな。