星占い師 つぼぼのホロスコープ星占い ブログ部

東京鑑定は8月2日(水)からです。 東京ホロスコープ講座10月7日(土)、8日(日) 大阪ホロスコープ講座11月3日(金・祝)、5日(日)に開催決定! 詳しくは本サイトをご覧くださいませ。http://tsubobo.com/contact.html 「星占い師」で検索してもらっても、本サイトがトップに表示されるようになりました。ありがとうございます。

本サイトは http://tsubobo.com アスペクトから学べば、ホロスコープ星占いを楽しく実践的に習得できますよ、と言いたい。自分や他人の性格、運気の流れを読めるようになると、人生が楽になります。

2013年02月

聖職者

 信じられないくらい、他人のために奉仕する人が時々いるのよね。
私の知り合いで、ホームレスの自立支援のNPOに入っていて、毎日のように無償ボランティアで身体を動かしている人がいるのよ。
 

 50代後半の独身の男性でね、熱心というか、まるで炊き出しや調理場に立つことが自分の仕事のようだと言わんばかりにぐいぐいやっているのよね。ここではAさんとしておくわね。
 ホームレスの方に寝る場所を提供するシェルターという場所が私の住んでいる一宮市あって、その1階に小さな食堂があるのよ。昼の11:30~14:30、夕方は16:30~18:30に食事を提供するんだけど、ホームレスの人は無料。働いている人は1食200円。そのNPOの代表の人は、“とてもあなたの口には合いませんよ”と言われたんだけど、そうでもないのよね。結構、美味しいのよ。お弁当屋さんの残りものの惣菜もあったりして。
 テーブルの上にいろんなおかずが大皿で載せてあって、ご飯だけもらい(カレーライスもある!)、セルフでおかずを小皿に移して食べるしくみなのよ。

 前から、Aさんに自慢気に“つぼぼさん、一度、食べに来て下さいよ。美味しいから。”って言われていたんだけど、分かりにくい場所にあったし、なかなか都合も合わなくてね、行けなかったのよ。で、この2月になって、やっと行けたと。
 私が夕食に行った時は、もう終わり頃の時間だったから、あまり人がいなかったのよね。でも、道路工事の交通整理の格好をした60代の年配のおじさんが2人いたわ。あの反射板とか、分厚い上着とか、近くで見ると、結構重そうなんだよね。
 話をしてみると、昔は2人ともホームレスをやってたんだって、名古屋周辺を転々としていたそうよ。
ホームレスになったきっかけは、お一人の方は、派遣を切られて、寮を追い出されて、そのまま公園へ。最初は1つの決まった公園で寝ていたそうなんだけど、ある晩、いたずらで、包まっていた毛布に火を付けられたんだって。危うく焼け死ぬところだったんだけど、それで怖くなって、定住型でなく、移動型ホームレスになったと。公園での寝泊りは冬になると寒いから、皆、酒飲んで身体を温めるのよね。酔っていて・・・、だから、余計にそういういたずらが命取りになるのよね。
 もう一人の方は、阪神淡路大震災で財産を失い、そのままホームレスになったんだって。国や自治体から何等かの援助はあったみたいだけど、全然足りなくて、関西方面をふらつき、愛知の一宮に流れ着いたみたい。

 二人はシェルターに入り、その後、支援してもらって、自立して、今はアパートにそれぞれ住んでいるんだって。でも、この食堂には今でも毎晩のようにやって来ては仲間とくつろいでいるそうよ。
ホームレスは、今は20代も大勢いるんだって。派遣切られて、ネットカフェ難民になって・・・、このまま公園に堕ちていくそうよ。でも、若者は、何十年もホームレスやっているベテランさんと違い、食べられる生ごみのある場所や、空き缶を集め、お金に変える方法など、ホームレスとして生活する術を知らないから、結構、ほんとに生きていくこと自身、ヤバいらしいのよね。昭和30年代生まれの人は、子供の頃、原っぱに基地とか建てて遊んでいるから、ブルーハウスも上手に作るらしいし・・・。
 

 で、Aさんはシェルターの厨房で、NPOのスタッフの一人として、そんなホームレス、元ホームレスの人たちに、明るく声を掛けては、料理をしているのよ。
このAさんを知っている人は、皆言うのよね。“あの人、なんであんなに熱心なんだろう?”って。もともとバイタリティの溢れる人なんだけど、自然体で、まるで八百屋の親父みたいに・・・、そう商売でもないのに、商売人みたいに元気に現場に立っているのよ。
 Aさんは、夕食のための厨房に立つんだけど、材料ももらいに行ってるのよね。お弁当屋さんなんかが食材が余ると、教えてくれて、それを空いている人間が取りに行く。“ありがとうございます、ありがとうございます”と、嬉しそうににこやかな表情をしながら、頭を下げて、貰い受けるのよね。そのよく“空いている”人間でもあるAさんは、その仕事もよく引き受けていると。

 で、食堂が終わった後、Aさんが私と話をしていたら話が盛り上がり~、シェルターの管理人が電気を消すというので、(電気代がもったいないから)、追い出され、近くのマックで100円コーヒーを飲みながら、結構話が続いたのよね。

 Aさんは、私が知っている範囲では、もともと輸入雑貨を売っているお店をやっていたんだけど、店を閉じて、まぁ、いろいろ頼まれ仕事をやって生計を立てているみたい。お母さんを昨年亡くして、今はもう独りなんだよね。生活は楽じゃないみたいなんだけど・・・。


 で、話の中で、なぜこんなにもボランティアをやるのかという話題になったのよ。
するとね、唐突に、
 「つぼぼさん、ここだけの話、俺、前世、クリスチャンだったんだよ。たぶん、カトリックの。」 

 まだ輸入雑貨屋さんをやっていた頃、ある人に連れられて、教会に行ったんですって。そこで、讃美歌のグレゴリオ聖歌を聞いたとき、体中の血液が逆流というか、身体が拡散してしまって、宙に浮いてしまったような気分になったんだって。透明な光を感じ、身体がぴくりとも動かなくなって、“なんだ、これは”と。
 手を合わせて、目を瞑ったまま、しばらく動けず・・・。その間、あらゆる音が聞こえないほどに、自分を変えられてしまったと。
 それから、彼のお店にはずっと讃美歌がかかるようになった。
 さらに、やがて、そのお店は閉めることになったと。


 その話を聞いて、私は、こりゃ、スピリチュアルの星並びを持つ人だなと思い、ホロスコープを診てみたのよね。
 1956年6月11日生まれ。

 やはり、ずばり、冥王星と海王星が吉角60度。スピリチュアル相。
 しかも、その冥王星に木星が重なっている。人に与えれば、与えるほど、倍になって戻ってくる人徳相。
 同時に、海王星と木星が吉角60度で、実力以上に評価されるバブル相。
 でも、冥王星と木星が重なったまま、苦難の土星と凶角90度でもあり、結構、人生に重荷を背負わされる星並び。
 あらあら、こりゃ、自分から進んでボランティアをしてしまう人だわよ。天性の他人に奉仕する才能がある人、とでも言っていいかしら。

 そんな話をしたら、
「俺には、あの世のものとかは全く見えない。スピリチュアルの力は全くない。けど、自分は、自分のやるべきことの方へ向かっているという確信があるんですよ。」

 海王星と冥王星が吉角60度(誤差5度以内)を作る星並びをスピリチュアル相と私は呼んでいるんだけど、結構いるように感じるでしょ? 霊感が強くて、中にはスピリチャルカウンセラーまでやれてしまう人がいる。でも、海王星は太陽系を一周するのに、160年以上、冥王星は240年以上。なぜ、こうも広い世代に現れるかというと、海王星も冥王星もじわじわとゆっくり進行するんじゃなく、“3進んでは2歩下がる”みたいな動きをするわけ。惑星は地球から見て、“逆行”という動きをするのよ。だから、1950年代頃から、2040年代頃まで、このおよそ100年間は度々、海王星と冥王星が吉角60度を形成するというわけ。それを過ぎるとしばらく、このスピリチュアル相の人は、どう頑張っても出てこないのよ。そういう意味では、この100年間はスピリチャルな才能が出てきやすい貴重な時代と言えるわね。

 もしかしたら、Aさんはもっと、宗教的な奉仕の世界へ行ってしまうかもしれないわね。
話をしていたら、Aさんの携帯が鳴って、彼は呼び出されたのよね。パーキンソン病を患っている友人がいて、一人じゃ動けないらしくて、その人の手助けというか、無償タクシーもしているとのこと。
 “駅に着いたから、迎えに来てほしい”と。
 それで、話は中断になって、彼はそそくさと行ってしまったんだけど、・・・どこまで、人がいいのかしらねって感じ。驚かされるわ。


 家に帰ってから、私もYouTubeで、グレゴリオ賛歌を探して、聴いてみたのよね。
 布団の中で。
 グレゴリオ賛歌っていっても、いろいろあるのよね。
 どの曲かしら?


 まぁ、・・・確かにいい曲・・・だわね。
 でも、私は、・・・宙には浮かんな。

 YouTubeじゃ、ダメかな。

魔のTの字 (180度と90度の凶角が同時にできる星並び)

人を低調にさせる星並びは数々あるけれど、どうにもマイナスパワーの強い、私が「魔のTの字」と呼んでいる星並びを紹介するわ。
この星並びは、どの星でもいいのよ。3つの星が、180度と90度、1つの星に対し、真裏と直角の星並びを持って、まるで“T”の字を形成している星並びのことなのよ。星占い用語では「Tスクエア」と言うんだけど、こんな英語を動画星占いで使っては分かりにくいと思って、私が勝手に「魔のTの字」と呼んでいるんだけどね。
180度も、90度ももともと凶角なのよ。この2つが同時にできるのだから、そりゃ、良くないわよ。

これは、個人の人生全体運気(シングルチャート)でも、生まれた時のホロスコープと現在のホロスコープを照らし合わせた 個人の現在の運気(ダブルチャート)でも言えるんだけどね。
今回は社会全体、つまりシングルチャートで、ある時点のホロスコープを見てみましょう。

では、まず例題として、いつものごとく、ホロスコープのサイトを開き、
http://www.m-ac.com/pages/setting_j.php
2011年3月11日の日付を入れてみましょう。時間は14:46にしてみてください。

ざっくり見て、なんとなく、木星(♃:Jupiter)と土星(♄:Saturn)と冥王星(♇:Pluto)がTの字を形成しているのが分かるかしら?
でもね、これ、実は少しばかりずれているのよ。私は誤差5度以内で診断しているから、Tの字とは言えないのよね。まぁ、あえて言うなら木星と冥王星が凶角90度。
でも、星占い師によっては、8度まで誤差を許容している人もいるから、その人にとっては、これは、魔のTの字ね。

この日付、分かるわよね。そう東日本大震災の「東北地方太平洋沖地震」が起こった時間。この「東北~地震」の名前が馴染みにくいわね。こんな名前だったっけって感じ。

で、さらに日付を進めて、3月15日にしてみてください。
この時、実は、この日の方が、星並びがきついのよね。
財運の木星と、障害の土星が全く真裏、凶角180度。
木星と、審判の冥王星が凶角90度。
土星と冥王星は、誤差8度を許容するなら、一応凶角90度。
まぁ、一応「魔のTの字」?

でも、なぜ、この東日本大震災の例を出したかというと、どんな星でもいいならば、魔のTの字を形成することは、正直、よくあります。でもね、一周するのに、12年かかる木星、30年かかる土星、240年以上かかる冥王星が形成するなんて、私の一生ではもうないからね。これまでの講座でも紹介してきたけど、木星より遠い星、土星、天王星、海王星、冥王星は影響力が強いから。そのうちの3つが魔のTの字を作ったら、そりゃ、だたでは済まないわよ。

で、もう一度、ホロスコープを見てもらえると分かるけど、木星に水星が重なっている。木星に重なること自身はいいんだけど、他の星(土星、冥王星)と凶角を組んでいる時に重なると、水星自身が、同じように他の星と凶角を組んで、悪い影響が倍増することになるんだな。
ここで、どんな作用が考えられたかというと、木星(財運)と土星(障害・抑制)が凶角になると、大きな損害が出ます。木星と冥王星(審判)が凶角になると、最悪の場合、地位や財産の一切を失う可能性が出てきます。
水星は、知性、コミュニケーション、交通・通信、電子機器などを司っている。
水星が逆行したり、何か大きな星と凶角を形成すると、東京都内ではたいてい電車が1本ぐらいは止まるわね。たぶん、東京の電車はダイヤが過密だから、弱い影響でももろに受けてしまうんでしょうね。

それで、私はこの星並びを見たとき、私は生まれてからこの方、経験したことのない強い星並びだったから、どのくらいの悪影響があるか予測できなかったのよね。
ただ言えることは、“大きな損害が出て、交通・通信が大規模にマヒする”と。

しかもこの星並びが形作られるのが3月15日なんだけど、それまでの他の魔のTの字を見ると、影響は、1週間ぐらいズレることはざらにあるから、10日過ぎたら、いつ起こっても不思議じゃなかったのよね。
で、私は、MIXIの星占いのトピックで“大規模な交通マヒが起こるかもしれない”と警告していたんだけど・・・。実際に、500万人が帰宅困難者になって、私の兄も新宿から千葉の舟橋まで、8時間かけて歩いたんだよね。
原発の屋根が吹き飛んだことも考えると、3月15日ごろが確かに全部の被害が出揃った日となるかもしれない。
まぁ、こうやって、星並びと現実の現象を照らし合わせて、星占い師としての経験値を高めていくんだけどね。
正直、あんなに日本で戦後最大の犠牲者を出す自然災害になるとは思わなかった。コンクリートの塊の防潮堤、防波堤をあっけなく壊していったものね。岩手の宮古市田老(旧田老町)なんて、明治、昭和の三陸地震で、村がまるごと流されるような大被害を受けて、海面から高さ10mの防潮堤を建てていて、海辺の町なのに、海が見えない町だったのよね。それで、地震が来る前は、“景観を犠牲にしてまで、あんなものを造る必要があったのだろうか”とまでいろんなところで議論されていたのに、その防潮堤すら、町を守れなかった。


ヨーロッパでは、確実にホロスコープ星占いを今でもかなり利用していることは、この魔のTの字を逆読みすることで分かるのよね。
例えば~、2012年のロンドンオリンピック。現地時刻で、7月27日~8月12日まで開催されました。
で、ここで開催前日の7月26日と7月27日を見比べてみましょう。
今度はダブルチャートを使ってみましょう。内側の円に2012年7月26日、外側の円に2012年7月27日。
http://www.m-ac.com/double.php

分かるかしら?
7月26日は、火星、天王星、冥王星が魔のTの字を形成しているのよね。
でも、7月27日は、火星が移動してくれたおかげで魔のTの字ではなくなった、と。
現地時間で見ると、ちょうど解消されるのよね。

閉会式の8月12日とその周辺を見てもらいたいんだけど、
実は、現地時間で8月11日の午前3時ごろから、金星、天王星、冥王星による魔のTの字が形成されているのよね。

実は、ロンドンオリンピックの前も後もしばらくの間、マイナス作用の強い魔のTの字期間で、その合間を狙って、開催された感じなのよね。
19日間の競技日程を組むにあたって、最後の2日間はどうしようもなかったって感じかな。


この魔のTの字が生まれながらのホロスコープにある人は・・・
下のシングルチャートに自分の生年月日を入れてね。
http://www.m-ac.com/pages/setting_j.php
惑星は何でもいいです。(誤差5度以内で)Tの字なっているものがあれば、困難な事柄や障害、問題を抱える人になりやすいです。しかし、これも土星と太陽の凶角(ホロスコープ講座①)の人と同じように、困難だから、強い性格が与えられるのよね。
魔のTの字(Tスクエア)を持っていても、成功した人は結構いるわよ。
私も鑑定したお客さんで、裕福になった人でも、魔のTの字を持っている人をたまに見かけるわ。というより、魔のTの字を持っている人の方が成功しやすいじゃないかと思えるくらい。でも、苦労はしたんだろうね。実際、星占いのテキストには、創業社長さんにも苦労星の人は多いと描いてあるんよね。
苦労星の人は、凶運とも言えるんだけど、一方でその凶運をクリアしていくと、“強運”に変わるんだな。実際、鑑定していると、こういう魔のTの字とか、太陽と土星が凶角を持っているような人は、結構、子供の頃からお金に苦労しているから、逆に、貧乏が平気だったりする。慣れてるから。若い人でも、しっかりしていて、いくら苦しくても借金状態にしたことがないという人が結構、苦労星の人には多い。借金嫌いの人が多いね。子供の頃に、親がギャンブル好きで家庭崩壊していたりするから。
この人たちは、例えていうなら、3匹の子豚の末っ子ブタだよね。レンガで家を建てた子ブタ。一個一個をせっせと積み上げていく。他の子豚が遊んでいても、汗かいて、積み上げていく。でも、最後には、狼が来ても、全然大丈夫な家を築いてしまうんだな。そして他の子豚まで、その家で守ってしまうという。だから、苦労星の人は、社長さんなんかに多かったりするんだろうね。
でも、中には試練に耐えられず、投げやりになって、ホームレスまで堕ちてしまう人もいるけどね。鑑定している分にはかなり例外的な少数派だけど。

一方、ダブルチャートで、生まれた時の星と、現在の星との組み合わせて、魔のTの字ができている人は・・・、耐えましょう。それで、いつその苦しみから解放されるかを、日付を動かすことで探ってみてね。それまでは充電期間、修練期間。
http://www.m-ac.com/pages/doubleset_j.php

でも、この魔のTの字の場合、社会全体を診た時に出てる時がやっぱり一番怖いねぇ。

離婚星と未婚星 (太陽or月と海王星の凶角)

つぼぼのホロスコープ講座 「聖職者」

こういう題名を付けると、どきっとした人も結構いるんじゃないかしらぁ~。
離婚星と言っても、決してそういう星があるわけでなく、いつものごとく、吉角&凶角のアスペクトの話なんですよ。

まぁ、今どきは、こんなアスペクトを持っていなくても、離婚している人はいっぱいいるから、あんまり過剰に気にしないでね。

で、そのアスペクトというのが、生まれた時の太陽(☉:sun)と生まれた時の海王星(♆:Neptune)が凶角180度の人。( あと、生まれた時間が分かれば、月(☾:moon)が海王星と凶角を形成していても、やばいねぇ。)
いつも、ホロスコープを見ても、なかなか、30度とか、60度とか見分けられない人がいるけれど、・・・これは男性と女性の違いなのかなぁ・・・、180度は簡単よ。真逆にあるということ。真ん中の点を結ぶと一直線になる人よ。
で、誤差はプラスマイナス5度以内ね。

ということでいつものごとく、ホロスコープを調べてみましょう。自分の生年月日を入れてね。
http://www.m-ac.com/pages/setting_j.php

で、私が対面診断をして、相手の経歴を知らずに、ホロスコープを診て、この星並びを見つけると、まぁ、180度だから、たいてい最初に目に付いてしまうんだけど、
「もしかして、離婚を経験されていますか?」
と、相手の年齢によっては、ストレートに尋ねることがあるわね。

これが難しくてね。30代前半だと、結婚しているかどうかわからないので、尋ねようか、どうしようか。
もし、そんな“離婚”なんて言葉だすと、
「えっ、私、離婚するんですか?」
なんて逆に訊かれてしまう。

で、言おうか、言うまいか、悩むんだな、これが。

この星並びの人はねぇ、実は、たいてい、離婚を経験してしまうんだな。
これ、結構当たってしまうんだな。
まぁ、今は多いから、そんなに珍しい体験ではないけどね。

太陽は“自己”を表し、海王星は“感情”を表すのだけれど、それが凶角になると、感情が不安定というか、ふわふわしやすいのよね。放浪しやすいというか。よく言えば、ロマンチストなんだけど。
特に月が海王星の180度位置にある人は、まぁ、たいていヒステリックに相手を責め立てて、離婚になってしまう。
で、月と海王星が180度で、離婚経験がある人に、
「あんた、旦那をヒステリックに短所を責め立てでしょ?」
とか訊くと、まぁ、確実に当たっていて、鑑定する相手は小さく頷きながら、
「・・・は、はい。」
と答えるんだな。

で、この人たち、ふらっと好きになって、ふっと結婚して、ふっと離れてしまう。
ここんところ表現が難しいのよね。この星並びの人は、バツ1どころか、バツ・・・というつわものも結構いてねぇ。 結婚という儀式に対して、あまり重みを感じていないのよ。むしろ、開き直っている。

こんな話をすると、“なんだ、軽いヤツなんだ、チャラ男とか、チャラ子だな”と思うかもしれないけど、これが人間の多面性というか、複雑さがあって・・・。
他に、信用を重んじる土星とか、知性の水星なんかが吉角のアスペクトを持っていると、社会でバリバリ活躍している人だったりするのよね。

だから、この星並びを持っている人を対面鑑定で会っても、決して遊び人でなく、むしろその反対のイメージを与える人は結構いるのよ。実際、ビジネスの腕前はかなりレベルの高い人もいたし。

鑑定した人の中で、すでに離婚した後の人だったけど、30代後半の女の人だったなぁ、ずいぶんやり手の人だったわよ。夜景のきれいな、素敵なマンションを購入していてね。街の真ん中の高層マンション。海外出張もよくする人だった。
でも、「昔の旦那とは一緒に苦労を乗り越えてきたのに・・・」と遠くを見ながら、淋しそうにこぼしていたわ。
別れた理由までは訊かなかったけどね。
私より年上の人だったから、そういう話は難しかったのよね。
もう10年くらい前の鑑定の話だけど、当時の私では、ちょっとこなせない話だったかしらねぇ。

ここまでくると、もう私も分からないのよね。
本当にこの人は、男女の関係についてはふわふわした人なのかしら? と。
それとも、太陽×海王星が凶角180度の人は、そういう宿命を背負わす“離婚星”なのかなぁとも。

でも、この星並びの人は、また簡単に結婚してしまうという面もあるから・・・。

あの人も幸せに再婚していれば、いいけどなぁ。

だとしたら、あの見晴らしのいいマンションも上手に転売しているんだろうなぁ。あのマンション、結構広かったもんなぁ。一人じゃねぇ・・・。

結婚とか離婚とかは、基本、選択の余地がある部分だからね。
今ある姿は、過去の選択と行動の結果。
未来の姿は、これからの選択と行動の結果なのよ。

この星並びをもっている人は、ちゃんとそこらへん、心がけるように!

90度の人はどうかなぁ。また生まれた時の太陽と海王星が90度の人で、バツがいっぱいいる人がいたら教えてね。

あと~、問題は自分でなく、相手がこの星並びを持っていたらってことよね。

まぁ、いいか。
結婚して、離婚して、また同じ人と再婚して、離婚して、また同じ人と再婚して、・・・をずっと繰り返すという夫婦の形もアリよねぇ~~。たいだい、この星並びの人たちはこの役所に文書を出すだけの結婚という形式に捉われない人が多いからね。
好きな男ができると、夫も子供も置いて、その男の元へ軽く行っちゃう人もいるしね。
でも、何の後ろめたさも感じていない・・・。ちっとは反省してもらいたいんだけどぉ~、そんなことを思う私が硬いのかな。

実は、問題なのは、太陽(月)と海王星が0度。つまり重なっている人は、未婚が多いかも・・・。これは対面鑑定でだいたい分かってきんだけど、あえて言うなら、“未婚星”?
太陽(月)海王星が吉角0度の人は、ロマンチスト過ぎてね、理想が高すぎるのよ。だから、結婚に遅れるかも。
でも、凶角の人と違うのは、バツを重ねにくいところかしらね。愛情が深いから、一度、夫と離れてしまうと、別の男にも興味を無くすみたいね。
そもそもそれ以前に、結婚という儀式を重く考え過ぎて、“結婚”という2文字になかなか踏み出せないのです。
ほかにも未婚星になりやすいのが、愛情の金星と海王星、もしくは月が吉角(特に0度だろうね)を形成する場合。ロマンチスト過ぎて、少女マンガの世界の住人過ぎて~、女性の場合、男性恐怖所と言っても過言じゃないくらい、オクテな人が多い。

だからね、実は“離婚星”の人より“未婚星”の人の方が、悩みが深いのよ。
まぁ、どっちも鑑定のお客さんになっているんだけどぉ~、深刻に悩んでいるのは、未婚星の人の方ね。ほんと“離婚星”の人の爪の垢を小さじスプーン一杯入れて混ぜたいくらい。

太陽or月が海王星と吉角の人は、繊細過ぎるという点もあるけど、子供の頃に両親の仲が悪かった、もしくは子供の頃に苦労したという経験を心に刻みつけて、“自分の子供にはこんな思いをさせたくない”という気持ちがあって、より慎重になってしまっているというケースがあるわね。
実際はどの程度なのか、分からないけど、普通の人より“繊細”の度合いが高いから、余計にそういった経験が重くなってしまうんだな。
だから、“いい男”が現れるまで、待ってしまう。

どっちにしろ、太陽(月)と海王星が、生まれた時のホロスコープでアスペクトを形成していたら、ちょっと注意ね。
太陽(月)が海王星と凶角なら、もう少し結婚を“重く”考えなさい。
太陽(月)が海王星と吉角(0度)なら、もう少し結婚を“軽く”考えなさい。

livedoor プロフィール