こんなこと言われたら、びっくりするでしょうね?
でも、私は、ホロスコープ、星並びを見て、太陽と土星が凶角の人なら、さらりと挨拶代りに言ってしまうわ。

では、まずは自分のホロスコープ(生まれた時の星並び)を見てください。
http://www.m-ac.com/pages/setting_j.php
(ホロスコープ見られるサイトならなんでもいいです。まぁ、これが検索する一番上に出てくるので。)
他人でもいいですよ。上司とか取引先とか。

ここで太陽(Sun・☉)と土星(Saturn・♄「ち」みたいな記号)を見てください。
太陽と土星の場合、吉角(0度、60度、120度)も意識したいですが、やはり凶角(180度、90度)に注目したいですね。
太陽は自分自身を表し、土星は抑制、ブレーキ、信用、コツコツ、地道などを現します。

太陽と土星が90度(直角)、もしくは180度(真裏)の人

この人のまず第一の特徴として、太陽・土星が凶角の人は、12星座星占いが当たりません。
というのも、12星座星占いは、生まれた時の太陽だけに注目しているので、それにブレーキをかけている土星の影響を考慮されていないからです。
この星並びの人は、常にブレーキがかかっているので、12星座星占いで、幸運期とか、恋愛運ばっちりぃ~とか言われても、ぜんぜん、目に見える形ででてきませんがね。

この太陽×土星が凶角の人は、子供ころからお金に苦労している人が多いです。親が自転車操業の自営業だったとか、倒産しているとか、離婚しているとか・・・。 夜逃げ同然で何度も引っ越ししているとかね。
もしくは、全体的に苦労を抱えている人がいらっしゃいますね。
この人たちにとっては、お金はむしろ憎むべき対象なのかもしれない。でも、多く持たねば、幸せになれない。
そんなお金へのゆがんだ“愛”なのです。
で、そのためか、太陽・土星凶角の人はお金に対して、憎悪とも呼べるくらいの執着心を持ってしまう。
“お金さえあれば、苦労しずにすんだのに”という強迫観念が心に刻まれてしまう。

決して、生まれながらにして、ケチ な訳ではないんですよ。
要するに、どうしても苦労する環境が、この人をお金に固執させてしまうように育ててしまうんですね。
そしてそれは、お金をクールに生み出すことを目的とする、成果主義者になって・・・、人よりも数字に意識が行ってしまう人が多い。売上とか、効率とか、そういう面で長けてしまうんだな。
その結果、人に対する優しさというか、情が少なくなるのよね。

で、この星並びの人は頑固なんだな。土星の抑制という面が、悪い方に出てしまう。情けを嫌うというか。同時に恨みをずっと持ち続ける。で、心の壁を作ってしまう。
それでまた、他人に対する優しさを無くしてしまう。という悪循環。
冷たい人と言われることも度々でしょう。

だけど、この星並びの人は、社長になる人も結構いるのよ。
お金に苦労して、結局、独立せざるをえなかったのかもしれない・・・。一方で、支出に対する守りが硬いから、その自信もあるから、会社を作ってしまうのかしらねぇ。

さて、この凶角の星並びの人とはどう付き合うか。
この星並びの人は、冷たいところがあって、結果や数字を重視するので、人が離れて行ってしまいやすい。
これ短所なのよ。 だから、こちらもクールに接していくしかないわね。あまり心を開いても、向こうは心を開いているように見えないかもしれない。この星並びの人は、その人なりに心を開いているんだけど。

付き合っている彼氏がこの星並びなら、まぁ、そのうち、(良い意味で言うと)節約家なのが見えてくるわよ。

私の鑑定したお客さんの中で、40代後半の男性なんだけど、生まれた時の星の配置が、太陽・土星が180度の凶角の人がいてね。
その人は、景気の良かった時は、かなり羽振りも良く、マンションも購入したみたいなのよ。でもね、・・・
昔は、数字・効率思考で、冷たい人間だったんだって。星並び通りだけど。
本人も言ってたわ。

「いつも、大きな顏して、できない若手を軽蔑していた、相手にもしてなかった」って。

でも、いい時代は過ぎ、40代で、派遣社員でいろんな会社を点々とし、面接を何社受けても、落ちまくり、契約更新の時期にはびくびくし、理不尽に解約されて、・・・帰り道に寒い夜空を見上げるような日々を送ったのよね。
どん底も味わって、なんでこうなったんだろう、原因はなんだったんだろうと反省して、生活も苦しく、自分を変えていくしかないという選択の中で、だんだんと人間も生活も丸くなっていったみたいなのよ。

それで、自分の“冷たい、冷徹な”人間という短所が、引き金になっていることに、やっと気付くことができたのよ。

羽振りの良かった当時、十数年間という長く付き合っていた彼女とも別れた(というか、捨てた)みたい。
最近、その彼女に会って、「何故、あの時・・・」と問い詰められたらしいけど、答える言葉が口から出なかったって。
素直に謝ればいいんだろうけど、もうそんな次元じゃないわよね。
彼女にはいい人がいるみたいだし・・・。
立ち尽くすしかないわね。

私が出会った時は、他の星の影響もあって、かなり人生に対し、失望していたみたい。

でもね、人生は、短所を直し、長所を伸ばしていくという選択をしていれば、だんだん人間も生活も安定してくるのよ。試練は、その選択肢を与える場だと思ってちょうだい。
ところが、ドン底になっても、なぜドン底になったのか反省しないと、自分の短所を直すことに気付かないと、一時的に運気は回復しても、次にまた同じような低調期が、もしくは年齢が過ぎた分、より惨めなドン底期が来るようにできているのよね。

でも、その試練を糧にできた人間は、いろんな意味で豊かになれるのよ。
だから、この太陽×土星の凶角を持った人で、社長さんになっている人が多いんじゃないかしら。
で、実はこのホロスコープ講座は、MIXIのコミュで書いたものの清書・加筆版なんだけど、太陽と土星が凶角という31歳の男性がこんな書き込みをしてくれたわ。
(ほぼそのまま引用です)

『 おっしゃるとおり、苦労星の人です(笑)
小さいころからそんなにお金に裕福でもなく(貧乏ではなく、節約していた様子)
中学1年で父親を亡くし、ものごころついた時には姉は精神的な病になったり。
家族の負担にはならないようにと、高校時代はアルバイトをし、
卒業後すぐに社会人になり、仕事をはじめてからまわりが
やりたがらない仕事を一手にひきうけ、苦労しながらも卒なくこなしてきたつもりです。
さまざまな苦労を通して自分自身が成長してきた実感があるので、
ちょっとやそっとのことでは、驚きもしません。
それにこの年齢でアパート経営をやりはじめましたので
お金がらみに関しても、多少の金額ならカバーできる自信もあります。
今まで、他者を中心として生きてきたおかげか、自分自身ってものがあまりないのが
現状です。ゆえに、いい意味で融通がきくというか。
考え方も悪いことを考え始めたらキリがないのはわかっているので、
今この現状からどのように考えればプラスに思えるかを中心に考えることで
その場その場を乗り切っています。

(中略)

僕には夢があります。いえ、目標が。
このお話をしても誰も実現できないだろうし、
たとえ実現しても世の中がよくなるので。
一つは、孤独死をなくしたい。
一つは、シングルマザーや働きたい女性を応援したい。
一つは、今の老人世代を元気にしたい。
一つは、老人のもつ伝統を小さな未来ある子たちに伝えたい。
一つは、地域コミュニティーの絆をもっと強くしたい。
一つは、国の医療費を下げ、汲々とした財政をなんとかしたい。
全てが繋がる構想を考えています。
アパート経営はそのためのステップでしかありません。
そして、このモデルが全国展開されると、日本は必ず健全な財政と、
隣同士、顔の見える世の中になり、
今のギスギスした日本ではなくなります。
先は長いですけどね(笑)
さらに、障害をもたれた方が安心して働ける場所。
残業しなくてもよい世の中。
果ては世界を相手にソーシャルビジネスの展開。
自分が亡くなっても、意志の継承をした人間が、
世の中を変え続ける仕組みを作っていきます!  』


子供の頃の苦しい環境が、冷たく、お金に執着した性格を作ってしまう。
でも、その過去を乗り越えて、自分を変えられるかが、この星回りの人の一生の課題なのかもしれない。
どちらにせよ、長く苦労を強いられる人ね。

土星と太陽が凶角の人に贈る言葉
「人の一生は重荷を負うて遠き道をゆくが如し、いそぐべからず、不自由を常と思へば不足なし、こころに望おこらば、困窮したる時を思ひ出すべし、堪忍は無事長久の基、いかりは敵とおもへ、勝事ばかり知りて、まくる事をしらざれば、害其身にいたる、おのれを責めて、人をせむるな、及ばざるは過ぎたるよりもまされり」
(徳川家康)

調子いい時も、慎み、他人への優しさ・情を忘れないようにしましょうね。

上の引用させてもらった男性は見事に短所を抑え、長所を伸ばし、人生を思う方向にコントロールしようとしているわ。素晴らしい。
でも、実際はなかなか難しいからね。
できれば、この短所を40代までには直して欲しいなぁ。

でも、人間は懲りないと・・・、一度、どん底を味わないと直せないかもなぁ。

みんな、頑張れぇ~~~。