なんやかんや東京、大阪、名古屋でのホロスコープ講座は人気で、これまでに数百人の人に受講してもらっていましてね。

で、つい最近、LINEトーク占いのコンテンツに携わる方から、メールが来て、

・・・HPを拝見しましてしっかりしたポリシーをお持ちでとても親身な鑑定やセミナーをされてる印象を感じました。・・・

まぁ、最初のこの辺りのお世辞は、挨拶のようなもので、本心かどうか分からないが、要は

先生の生徒さまにも空き時間を利用してLINEのチャット・電話占いにご参加いただきたいと思いましてメール致しました。

と。
良く受け止めれば、結構、私は信用されているのかと気分良くしつつ・・・本当のところは、単に、LINEトーク占いの先生を募集しているので、“親身なセミナーをされてる”私に紹介して欲しいということなのよ。

私は東京、大阪では集中講座として半年に一度、2日間で4講座を行っている。この4講座では、基本となる西洋占星術のしくみを教えている。
ここで少し話は逸れるけど、
時々、訊かれるのが、私の“講座を受ければ、プロになれるのですか?”という質問だけど、答えは NO なのよ。

そもそも、“プロ”の星占い師になる基準なんてないのよね。
“プロ”の星占い師って、な〜に? ってことよ。

西洋占星術は、2500年の歴史があるのだけれど、その経緯の特徴から、全体を仕切る大先生がいないのよ。
その辺りの話は長くなるから、今回は話さないけど、大先生がいないということは、免許皆伝する人がいないというわけ。

よく通信講座なんかに、“西洋占星術の資格が得られる”なんていうのがあるけど、その資格を出している協会そのものに権威も業績もまったく無かったりする。そこが、東洋の占術と大きく違うところね。東洋の占術は、華道、茶道のように古くから、かたくなにピラミッド構造を作ってきた組織だから、ちゃんと権威者がいて、ある程度、全体を仕切っている。一方、西洋占星術では、○○協会というものがあっても、実際、いわゆるよく知られている雑誌に出てくるような有名な先生がまったく所属していなかったりする。

西洋占星術の世界では絶対的な組織が無いから、逆に言えば、誰でも適当に西洋占星術ホロスコープ協会なんていうものを作って、“西洋占星術マスター”なんていう資格作って、山ほど大量発行しても、業界の大先生に叱られることがないわけよ。ただ、その分、その発行した資格に社会的な信用はまったく無いだろうけどね。

西洋占星術って、そもそも自由だから発達したところがあって、組織というものが似合わない・・・
“群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門の知識と叩き上げのスキルだけが彼女の武器・・・”みたいな。

まぁ、そんな意味で、西洋占星術の世界においては、今のところ、団体、協会、組織、企業が作る資格にほとんど重みはなく、プロになるための条件となっているものはないですね。

では、何がプロかどうかという境目になるか?

西洋占星術って、ホロスコープが読めれば、まぁ、プロとしてやってるんですよ。ただね、お客さんが、判断しているところがある。その判断基準っていうのが・・・。

前にね、お客さんが私に話したのよね。
“私、昔、鑑定してもらった星占い師さんは、横に西洋占星術の分厚い本を開きながら、やってましたよ。”
その語り口調に、“本を見ながらの人は、ちょっと不安だった”というようなニュアンスが入っていたわけ。
つまりね、“この人はベテランではないな”という見られ方すると。
だからね、お客さんから信頼を得るためには、本を見ながらというのは、どうもダメみたい。

私も始めた頃は不安だったから、常に本を横に置いていたけどね。もう今はだいたい頭の中に入っているけど。
考えてみれば、分からないものを知ったかぶりして答えられるよりは、ちゃんと本で調べてもらった方がいいと思うけどね。
でも、お客さんがそう思うんじゃ、仕方ないわな。ただの印象の問題かな。

そんな感じでね、単純に本を見なくても、知識が頭の中に入っているというのが、プロっぽいわけですよ。

ホロスコープを読むのには、覚える知識が多いんだけど、ホロスコープチャートの構造は、星の配置がポイントで、
①星がどの星座に入っているか
②星がどのハウスに入っているか
③星同士のアスペクト
が大きな要素となる。

①は10個の星が、12星座のどこかにあるということなので、120通り
②は10個の星が、12ハウスのどこかにあるということなので、120通り
③は10個の星同士の組み合わせなので、50通り

つまり計290通りである。290通りの項目は最低でも言えるようにならなければならない。

290個の項目を覚えるのは、なかなか難しいですよ。

さらにサビアンなんか、360個あるからね。これを覚えている人って、かなりレアだと思うわ。サビアンを扱う人はさすがに本かネットを使っているんじゃない?
他にも、MC、ASC、ICやら、覚えておいた方がいい項目がいっぱいある。

“よし、じゃプロになるために、全部、暗記してやるぞー”って気合いを入れてもね・・・覚えられるわけないのよ。
上の①②③って、基本だから、西洋占星術の本にはちゃんと並べて書かれている。これを覚えようとなんて、無理だと思うのよ。言ってみれば、これらは辞書なのよ。
例えばさ、英単語を覚えるのに、辞書のAから順番に、辞書を凝視して覚える人なんていないでしょ。
そんなふうに丸暗記しようとするから、頭がパンクして“西洋占星術って、覚えられない”って、本を投げ飛ばして、挫折するわけよ。
じゃ、英単語はどう覚えるかというと・・・普通は英文の中に出てきて、覚えるでしょ。ほかにも、音楽とか、映画とか、旅行とか。覚えるためにはね、そう “場面” が必要なのよ。

星×星座、星×ハウス、星のアスペクトも、本を眺めて、黙々と覚えようとするよりも、やっぱり実占した方が覚えられるのですよ。
私の同僚のAさんは、火星と水星が凶角で、口が悪いなぁ。
父親は、8ハウス木星で、遺産もらっているなぁ。
幼なじみのBさんはさそり座金星で、どこかセクシーな魅力を持っていたな。
なんてね。
Aさん、父親、Bさんといった “像” と一緒に、アスペクトや星×ハウス、星×星座が覚えられていく。

でさ、電話鑑定とか、LINE鑑定って、何がいいって・・・・これらの項目を、頭の中に覚えていなくてもできるわけよ。
相手が目の前にいないから、分からない時は、本やネットを調べながら鑑定することができる。
お客さんには姿が見えないから、上に書いたような“本を見ながら鑑定する人っで大丈夫かしら?”なんて思われることも無い。

実際、私はよく電話鑑定をする星占い師さんに出会うと、
“いやぁ〜、つぼぼさんのサイトにはいつもお世話になってます。いつもホームページを見ながらやらせてもらっています”
なんて挨拶をされることがよくある。

LINE鑑定も、電話鑑定と同じことで、本やネットで資料を見ながら、お客さんとそれらしく話をすることができる。
で、そんな姿を見せない鑑定をしているうちに、星×星座、星×ハウス、星のアスペクトも覚えられていくのでしょうね。
こういう言い方をするのは、不謹慎だけど、経験値を増やす、いい練習の場になるというわけ。

私のホロスコープ講座を4つ受講(計12時間)された方ならば、ホロスコープのしくみ、読み方は教えましたので、表を見ながらならば、鑑定できるのはないかな。
実際、セミプロ、プロデビューされた方も大勢いらっしゃるようですし。
ここで言う、“セミ”というのは、ある程度、本やネットを見ないと鑑定に自信がないという意味ですね。

そもそも4つの講座は初級編なんだけど、なぜ中級編をやらないかというと、実際に世の中でプロとして西洋占星術の鑑定をしている人の多くが、星×星座、星×ハウス、星のアスペクトという、基本知識だけで鑑定しているというのがほとんどなのですよ。中には星×星座だけで、鑑定している人もいる。

だけどね、実際に鑑定してみると分かるけど、需要のほとんどは、
・この先どうなるのか?
・彼との相性は?

そりゃ、そうでしょ、って、このブログを読んでいる人は当たり前に思うでしょうね。
となると、ダブルチャートでアスペクトをするしかなんですよね。だから、アスペクトの読み方をマスターしないとね。
やっぱりほとんどのお客さんに満足してもらえないんじゃないかなと。だから、私は4講座のうち、2講座をアスペクトに費やしていると。

で、私は、希望者をLINEの星占い師として紹介しようと思うですが、
・私の条件として、私のホロスコープ講座を4つとも受講した人。さすがにね、4つ受けてくれた人でないと、私も推薦できませんよ。

そして、採用側が提示してきた条件として、
【LINEトーク占いご参加の条件】
○鑑定歴1年以上(個人でもおつとめでも大丈夫です)
○パソコンをお持ちの先生(タブレットは不可です)
○電話鑑定希望の先生は電話鑑定のご実績、チャット鑑定希望の先生は下記のタイピ
ングチェックでB以上が必要となります。
https://www.e-typing.ne.jp/roma/check/


でね、“鑑定歴1年以上” や “電話鑑定の経験”と言われてもなぁと思って、担当者に上の条件を質問してみると、鑑定歴1年というのは、ビジネスでなくても、プライベートでもいいそうです。毎日でなくてもいい、となると・・・1年前から鑑定していたら、誰でも当てはまるわけですよ。電話鑑定も同じく、有料でなくても、無料でもいいそうです。となると、友人、知り合いでもいいということだよね。
ぐっとハードルが低くなって、門が広くなったような気がする。

私はこの業界にいるから、実は、LINEで占い師をやっている人、数人と話をしたことがあるのよね。
なかなかね、お気軽に相談しやすいから、どうも私のやっている鑑定とは違うようで。私の場合、電話、スカイプ鑑定もしているけど、お問い合わせのページのフォームに記入してもらって、日時を決めて・・・と手間が多いから、鑑定希望の人も、“占ってもらおうかどうしようか、1ヶ月悩みました”なんて人も結構いる。

LINE占いは、ふわったした気分で、ポチッとボタンを押すだけでつながるから、結構、お客さんが気分でお手軽に入ってくるようだ。
私が聞いた分には、多いのは恋愛で、“彼は私のことをどう思っているのでしょうか?”の類いだそうだ。

でもね、ふわっと、ポチッとくるから、・・・気に入らないことを言われると・・・ぶちっと切られるそうだ。

あんまりはっきり言わない方がいいみたい。
となると、“彼はあなたのことにあまり興味がないかもしれない可能性は無いわけではありませんが、悲観するほど、小さいとも思われません。頑張りましょう!!” なんていう、オブラートに何重にも包み込んだ言い方をすれば・・・よく分かんなくて、お客さんも切りにくいかな。

いろいろ聞くとね、LINE占い側も、“常に○○○人の占い師が待機しています” みたいなことを広告で打っておきたいので、とりあえず占い師の数を確保をしておきたいという状況が透けて見えるわけですよ。ちょっとした人材不足感?

そうは言っても、LINEのようなネットの企業が、一般の方の占いビジネスへの敷居を低くしてくれて、お客さんを呼び込んでくれれば、占い師もどんどんデビューしやすくなってね。
星占い師は、経験値を積めるし・・・。

「参加するかどうかはわからないけど、条件や現在の状況など聞いてみたい」迷われてる方や話だけでも聞いてみたいという方でも全然大丈夫ですので、少しでも興味を持たれた先生が
いらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。

と、あちらの担当者さんもおっしゃっているので、私の講座を4つとも受けた人で、とりあえず興味のある人は、受講の時にやりとりした私のメールアドレスに送って下さいな。